夏越の祓 食べ物でも清めて元気に!夏越ごはんとは

スポンサーリンク

夏越の祓え(なごしのはらえ)とは、6月の晦日(30日)に行われるものです。

半年の穢れをはらい残りの半年の無病息災を祈る神事のことを

夏越の祓えといいます。

その神事に合わせた「夏越ご飯」というものが注目されています。

そんな夏越ご飯とは、いったいどんなものなのでしょうか?

また、合わせて食べる和菓子もあるんですよ♪

スポンサーリンク

夏越の祓の食べ物 和菓子や夏越ごはんとは?

2015年から「公益社団法人米穀安定供給確保支援機構」が提唱した夏越ご飯。

6月30日は「夏越ご飯の日」という記念日になりました。

家庭ではもちろん、都内の神社や飲食店が協力して盛り上がりを見せています。

夏越ご飯は、緑や赤の夏野菜などのかき揚げを雑穀米のご飯に乗せたものです。

かきあげ天丼ということですね(#^^#)

丸いかき揚げや器を「茅の輪」に見立てています。

画像引用:all about

緑の食材は、「茅の輪」をイメージしており

ゴーヤ・インゲン・枝豆・オクラなどが使用されます。

赤の食材は、「邪気祓い」をする意味があり

赤パプリカ・人参・エビが使用されます。

もちろんこれだけでなく、玉ねぎなどを入れています。

これらを使用したかき揚げを、雑穀米に乗せる…

考えただけで美味しそうです♪

雑穀米にも意味があり

茅の輪の伝承となった「蘇民将来」にならった

「栗」や、邪気を祓う「豆」が入っているため、使用しています。

雑穀ご飯ではなく、5穀ご飯や小豆ごはんでもOKです。

そして、そのうえにかけるタレにもしっかりと意味があります。

百鬼を防ぐといわれるショウガを使用してします。

だし・しょうゆ・みりんに、旬のショウガ汁をいれています。

そこにレモンを効かせ、大根おろしをいれ、さっぱりおろしダレ!

暑くなってくる時期には最適ですね★

その夏越ご飯にあわせる和菓子もあります。

それは「水無月」といわれる和菓子です!

ういろうの上に、邪気を祓う意味のある小豆がのっていて

三角形をしています。

この三角形は、削りたての氷を表していて

暑気払いの意味が含まれています(^^♪

↑これはマグネットですが、こういうお菓子です。

夏越の祓は食べ物だけじゃない!茅の輪くぐりやいわれは?

「茅の輪くぐり」はご存知でしょうか?

本来「茅(ちがや)」を束ねて大きな輪にしたものですが

今では「芦(あし)」を使用している神社が多いです。

それをくぐることによって

禊(みそぎ)を行い邪悪な穢れを祓って

災難を予防すると伝えられています。

その茅の輪くぐりにも、もちろんいわれはあります。

ヤマタノオロチを倒したスサノオノミコトが

南海の神の娘と結婚するために、南海で旅をしておりました。

道中、蘇民将来、巨旦将来 (こたんしょうらい)という兄弟のところで

宿を求めたのですが

弟の巨旦将来は裕福であったにもかかわらず宿泊を断りました。

しかし、兄の蘇民将来は貧しいながらも喜んで厚くもてなしました。

その数年後、再び蘇民将来のもとを訪ねたスサノオノミコト。

「もし悪い病気が流行った時には、茅で輪を作り腰につければ病気にかからない」

と教えました。

そして疫病が流行したとき、巨旦将来の家族は病に倒れましたが

蘇民将来とその家族は茅の輪で助かった。という日本神話です。

当初は小さな茅の輪を腰につけるというものですが

次第に大きくなり、江戸時代初期には大きな茅の輪をくぐって

罪や災難を取り除く神事になった。と言われています。

この茅の輪くぐり、どうくぐってもいいわけではなく、作法があります。

  1. 茅の輪の前に立ち軽く礼をして、左足からまたいで輪をくぐり、左回りで元の位置に戻る。(1回目)
  2. 再度茅の輪の前に立ち礼をして、右足からくぐって、右回りで元の位置に戻る。(2回目)
  3. 再度茅の輪の前に立ち礼をして、左足からくぐって、左回りで元の位置に戻る。(3回目)
  4. 最後に一礼をして、左足からくぐって、ご神前まで進みます。
  5. ご神前では、2礼2拍手1拝の作法でお参りしましょう。

簡単に言うと、左から8の字を描くように3回くぐっていきましょう!という事です((+_+))

そして、茅の輪をくぐっているときには、「となえことば」を言いながらくぐりましょう!

となえことばには「祓いたまえ 清めたまえ 守りたまえ 幸いたまえ」というものがあります。

地域や神社によって異なる場合がございますので、各神社で聞いてみてくださいね♪

このときやってはいけないのは、茅の輪の草を引き抜いたり

持ち帰ったりすることです。

多くの参拝者が穢れを落とすためにくぐっている茅の輪。

その草を引き抜いたり、持ち帰ることは

その穢れを自分に吸収しているのと同じことです。

たくさんの人の疫病や罪、穢れをご自身でご自宅に持ち帰ってしまうことになります。

絶対にやめましょう。

スポンサーリンク

まとめ

夏越の祓え、と一口に言っても、様々な行事がありましたね♪

時期的にも季節的にも中間期でしんどかったり

梅雨の時期で気が滅入りやすくなっているころ。

そんあ時期だからこそ、食事で内面の穢れを祓うだけでなく

茅の輪をくぐって心身のリセットをしましょう♪

スポンサーリンク