また連休?献立に悩むママにおくるパパっと作れるアイデアあれこれ!

スポンサーリンク

連休といえば、たいがいの人はうれしいものですよね。

ですが、その裏にはしんどい思いをする方もいるのも確か。

これは業界だけでなく、ご家庭でも言えること…。

連休ってお母さんや家族を支える人にとっては
「お世話の量がふえる日」
でもあるんですよね!

特に日々の献立を悩むママさんは
連休になれば1日3食。
それが3日も4日も続く…。
今日は何を作ろうか?と悩まされているのではないでしょうか?

そんなときにぱぱっと作れるアイデアや
豪華に見えちゃう盛り付けテクニックなどをご紹介いたします!

これを読んでラクしちゃいましょう!

スポンサーリンク

連休での献立どうする?ぱぱっと作れるアイデアやコツ

連休でなるべくラクして
家族のごはんをつくるアイデアをいくつか。

麺類を駆使する

とにかく家族が多い日は麺類が最強の手抜きアイテムです。

麺類はバリエーションがとても豊富!

パスタ、うどん、焼きそば、ビーフン、ラーメン…
といった具合に色々ありますよね。

日替わりにしても
この麺類だけで5回分はできちゃいます。

嫌いな人があまりいないのも
ポイントが高いですね。

また、具材やソースを変えるだけで
味が変化するのでおすすめです。

パン類を駆使する

トーストだけではなく
サンドイッチやホットドックにも変化するパン。

特にサンドイッチは挟む具材の種類を増やすと
バリエーションが増やせます。

ホットケーキもあまり値段をかけずに
お腹いっぱいにすることができます。

朝ごはんはホットケーキという手もありますね。

ホットケーキやサンドイッチも
手抜きで大人数をつくるコツは

コツは1人分ずつ焼いたり作るのではなく
「大きくつくって、みんなで分ける」こと
です。

スポンサーリンク

ご飯を駆使する

おにぎりなどにすると
中に入れる具材によって味が大きく変わりますよね!

おにぎらず、なんてメニューもあるので
「握るの面倒だなぁ…。」なんて人は、そちらにしてみてください!

また、炒飯やドライカレー、チキンライスなど簡単に味付けできるものも豊富!

「炒飯の素」のように
簡単に味付けできる商品も多数販売されていますよ!

味付けを市販のものに頼るだけでも
けっこう疲れがたまりません。

主食はともかく…オカズをどうしようか迷う!
なんて方はこんなメニューはいかがでしょうか?

  • 冷しゃぶ

我が家ではすき焼きも冷しゃぶも、比較的安価な「豚肉」を使っています。

作り方はとても簡単で、茹でて水にジャポンと入れて冷ますだけ!

家族いわく、氷水だと油が固まって美味しくない!とのこと。

つけあわせの野菜はレタスなどを使いましょう(これまた最近高い…!)

ベビーリーフなんかもかさ増しで量をごまかすのに最適です(笑)

・中華料理

こう聞くと難しく感じてしまいますが
市販の液体調味料を使うととても簡単です!

クックドゥや味の素など
様々なメーカーから販売されています。

さきほども書きましたが
味付けを頼るだけでも
かなり疲労感がちがうんですよね~。

メーカーによって味が違ったりしますので
お好みのものを探してみてくださいね!

ちなみに筆者の好みはクックドゥです。

  • 野菜炒め

栄養面を考えると、かなりオススメな1品です。

野菜を切るのが面倒だなぁ…なんて感じるときは
市販のカット野菜を使用すると楽チン。

最近はセブンイレブンやローソンにも
炒め用の野菜がカットして売ってあります。

野菜が高い時期などは
冷凍やカットして売っているものの方が
安い場合もありますよ!

味付けも「野菜炒めの素」なんてものが販売されていますから
使ってみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
  • カレー・シチュー

超定番ですね!

コツは一気にたくさん作ること!

我が家では余ったカレーは
カレー蕎麦にしたり、ドリアにしたり…
かなりアレンジされています。

カツを買ってきてカツカレーにしたり
手間はかかりますがカレーコロッケにしたり、アレンジ方法は様々。

また、シチューはドリア風の料理にできたり
グラタンなどにもアレンジできそうですね!

贅沢に食パン1斤に入れて、パングラタンなんて技もありますよ!

連休の献立が手抜きでも豪華に見える盛り付けテクニックは?

皆様が、豪華な食事と聞いて思い浮かべるのは
どんな盛り付けをされた料理でしょうか?

個人的には、お皿にコンモリ!ではなく
お皿に対してちょっと控えめに盛り付けられているものを
思い浮かべますよね。

また、料理を平たく盛っているのではなく
「高さ」のある盛り付けのようにも感じます。

パスタなどが分かりやすいのでしょうか?

この画像のパスタ。
高さスペースがありますよね。
こんな感じでもりつけると、ちょっと高いお店のパスタのように感じますよね。

そして、色も重要となっています。

筆者は、緑・赤・黄が揃っているといいと母から教わりました。

例えばですが…サラダの中に、半分に切ったミニトマトを入れるだけで赤が映えてきます。

その横に半分に切った茹で卵を添えてみると、あっという間に三色揃います。

それにプラスして、「白」「黒」を追加するとより素敵な見た目になるそうです。

こちらは、お皿などに言えるのではないでしょうか?

白のお皿は、どの料理にもよく合い、軽やかな雰囲気がありますね。

黒のお皿は、料理の色とお皿の色のコントラストが印象的に映り
高級感を醸し出せるようです。

まとめ

麺類、ご飯、パンと様々な主食の駆使方法を紹介しました。
どれを使うにしても立て続けになると飽きてしまう事も…。

なるべく立て続けにならないように
組み替えながら駆使してみてくださいね!

朝御飯はホットケーキ!なんて
筆者の幼少期の憧れ(!?)でもありました。

また、時おりの外食は、ママにとっても休息になりますが
外食ばかりでは食費が家計を圧迫してしまう可能性もあります。

一見難しそうなものでも
素を使ったりすると案外簡単だったりしますので
試してみてください!

スポンサーリンク