連休を取る理由をどうするか悩む!法事?それとも病気?

スポンサーリンク

ふふふ…

今週末は貯めに貯めた貯金を使って彼女と旅行に行くぜ!(๑•̀ㅂ•́)و✧

有給の残高もバッチリ!

という訳で「彼女と旅行に行きますので有給をください!」

と上司に申請。

…一応OKはもらえたけどみんなに変な目で見られた

(´・ω・`) ヾ(- -;)ソラソーダヨ

・・・というか、これはハッキリ正直に言いすぎです!(笑)

周りが忙しく業務に励んでいる中、

「彼女と旅行行くんで週末有休とらせてもらっていいですかぁ?」
なんて言いにくいですよね。

今の時代のサラリーマンは、有休の理由考えるのが大変だそうです(´・∀・`)ヘー

そもそも有休とは何かというと・・・

  • 会社は、雇入れの日から6か月間継続的に勤務し、

全労働日の8割以上出勤した労働者に対し最低10日の年次有給休暇を与えなければなりません。

(労働基準法第39条第1項 抜粋)

  • また年次有給休暇を取得した労働者に対して、会社が賃金を減額したり
  • 精皆勤手当・賞与額の算定に際し年次有給休暇取得日を欠勤とみなしたりするなどの

不利益処分を行うことも禁止されています(労働基準法附則第136条 抜粋)

つまり、有給休暇とは労働者に与えられた当然の権利であり、

本来は上司に理由を告げることもなく堂々と使っていいもの!なのです。

皆さんは有休を取る時、どんな理由を上司に伝えていますか?(●´ω`●)

スポンサーリンク

連休を取るときはどんな理由で休むとスムーズ?

いくつか例を挙げてみましょう。

私用のため

これが一番無難な理由だと思います。

別に深く理由を告げなくてもいいんです。プライベートなことですから。

ただし、中にはしつこく聞いてくる上司もいますのでご注意を!!

有休消化のため

仕事場によっては、無理やり有休を取らされるところもあります。

しかしそれでも「詳しく理由を書け」と言われるかもしれません。

リフレッシュのため

最近疲れが溜まっていて…と顔色の悪い感じで上司に伝えると効果的かもしれません。

次の日の仕事では「リフレッシュできました!」と元気に言うと疑われないでしょう

人間ドックを受ける・入院、通院のため

なんといっても、病院系は理由としてはめっちゃ強いですねー。

人間はやはり健康第一です!

健康でいることは仕事のパフォーマンスにもかかわるので、上司も納得するかもしれません。

実際に体調が悪くて業務に支障がでているのなら上司も承認せざるを得ないでしょう。

会社指定の資格の受験のため

これはなかなか文句のつけようがないですね。

さらに職場によっては出勤扱いになる可能性もあるんだとか。

休みたい前日に気分が悪い演技をしてかえる

前もっていう場合、よほどの理由でないといいにくいものですよね。

何回も繰り返していると、理由もなくなってきます。

そんなとき、最終手段は安定の仮病です(笑)

ただし

「仕事は残しておかない」

「会議や打ち合わせなどの仕事の用事をいれない」

など、マナーは大事にしておきましょう。

連休を取るときに会社でしておくべきこととは?

 

有給休暇は早めに申し出る

有給休暇を申し出るタイミングですが、これがなかなか迷いどころです。

職場によっては、長期の休みを早めに申請するとネチネチ嫌味を言われてしまい、

その日まで嫌な気持ちで仕事をしなければいけないこともあります。

だからと言って、ギリギリに申請していては、

仕事の引き継ぎがうまくできずに

周りの人からブーイングを受けることになりえます。

ですので・・・

タイミングとしては2~3日の短期休暇なら1週間前を目安に、

3日以上の長期休暇なら1ヶ月前を目安に申請するのをおすすめします(*・ω・)

ここで注意していただきたいのが・・・

嘘はなるべく控えた方が身のためということ、

なぜなら、旅行先でトラブルに巻き込まれた場合に

大問題になる危険性があるからです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

会社の多忙時期を把握しておく

いくら有給休暇が法律で許された特権でも、

会社が忙しい時期に長期の休暇を任意で取るのはさすがにNGです。

特に、有休を取れるほど通い詰めているならば

自身の会社の多忙時期は心得ているはずですので、

同僚や上司に「あいつ逃げやがったな」などと思われてしまいます(;´・ω・)

ですので、旅行などに行く際は会社の多忙時期を避けて休暇を取りましょう。

身近な人には事前に連絡しておく

有給休暇を申請する前に、

同僚やプロジェクトチームの仲間など身近な人たちに

「この日から有給休暇を取りたいんだけど…」と相談してみるのをおすすめします。

もしかしたら、家族の都合で短期で休みを取りたい人と被ってしまったり、

仕事で大きな予定が入る可能性が出てくることもあるかもしれません。

ですので、お互いの日程を調整しあうのも大切です。

自分も周りも気持ちよく仕事ができるように気配りができるようにしましょう(´∀`*)

さらに・・・

自分がいなくても大丈夫なように、

同僚や後輩に資料の場所などを伝えておくといいでしょう。

ついでに、お土産は何がいいか聞いておくとなおOK!!…( っ・∀・)≡⊃ ゚∀゚)・∵.ナニイウトンネン

そして万が一の為、旅先でも電話がとれる状態にしておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

有給休暇は社員に与えられた法律が許した立派な特権であることを

忘れずに堂々と使いましょう!!

しかし、そこに仕事を休むという

同僚に対する配慮や上司への申し訳なさをまた忘れずに!!

それでは良い有休ライフを( ´∀`)bグッ

スポンサーリンク