また連休?献立に悩むママにおくるパパっと作れるアイデアあれこれ

スポンサーリンク

夫や子供たちは連休を楽しみにしているけれど、

実は…。

献立を考えて作るのが大変っっ!

1日3回作ると、やっと片付いたと思ったらまた!ごはん作らなきゃ!!

考えるだけでも…。うんざりですよねー!

今回はパパッと作れる簡単アイデアをご紹介しますね。

スポンサーリンク

連休での献立どうする?パパっと作れるアイデアやコツ

 

それでは献立を簡単につくれるためのアイデアやコツをご紹介します。

下ごしらえを簡単にしておく

葉物野菜を切って、タッパに入れておく。

例えば、カイワレ大根は強い味方!

みどり色がきれいで彩りがあるだけで満足しますし、

消化酵素がふくまれているので、おススメです。

ほうれん草をレンジで加熱して、切ってラップしておく。

こちらは冷凍もできるので、余裕のある時にやっておくと

普段から楽になりますよ。

薬味を切って、小分けにして冷凍しておく。

例えば、しょうがを買って来たら全部千切りにして冷凍しておく。

ジップロックに千切りにしたしょうがを薄く平らにして、

空気を抜いて冷凍しておくと、

使いたい時にパキっと砕けば、使いたい分だけ使えます。

カット野菜をつかう。

大変な時は、無理をしないが鉄則です。

最近はコンビニでも、いろんな種類のカット野菜が売っていますね。

冷凍のブロッコリーや野菜炒めの用のお野菜なんかもあります。

野菜が高い時などは、冷凍の方が安上がりです!

市販の素をつかう

味付けが心配だったり、調味料をそろえるのが大変だったりする時は、

心強い味方です!

麺類をつかう

パスタなら、市販のソースを使っても豪華でおいしいです。

切っておいた野菜とソーセージをちょっと炒めたりして、

ソースをからめるだけ!

付け合わせに、フランスパンをトースターで軽く焼いたり、

牛乳で薄めるだけのスープを出せば、満足感もあります。

パンでパーティー風に

例えば、大皿にスライスしたトマト、チーズ、ハム、

買ってきたポテトサラダなどを盛り付けて、

自分でトッピング!

簡単で楽しいですよね。

カレーやシチュー、ポトフなど多めに作って変身させる!

カレーは次の日にはカレーうどんに

ポトフはマカロニやパスタを加えて、スープパスタに

シチューは、冷凍ご飯を温めてシチューをかけて

チーズを乗せてオーブンやトースターで焼いてドリアに

ちょっと手を加えるだけで、簡単にできます!

連休の献立が手抜きでも豪華にみえる盛り付けテクニックは?

手抜きでも、盛り付けを工夫すれば、おいしそうにみえます!

(いや実際おいしいんですけどね!)

見た目も味にとっても影響すると言われています。

手抜きでも豪華に見えるには

「彩り・高さ・バランス」の3つのポイントを押さえる!

ことが大事です。

器にたいして控えめに盛り付ける

つい、お皿にいっぱいのせていませんか?

オシャレなお店では、こんもり盛り付けて出てくる事がないですよね?

少し控えめにするだけでも違ってきます。

料理を高く盛り付ける

平たく盛り付けではなく、料理に高さを出して盛り付けます。

高低差があるとボリュームを出すこともできるし、

おいしそうに見えます。

「彩り」の基本の色は「緑・赤・黄」の3色

おまけに「白・黒」と覚えておいて下さい。

例えば、中華や和食なら小ねぎを刻んでちらす。

これだけで、茶色の中に緑が映えます。

これは、おみそ汁もワンランク上の仕上がりに見えます。

サラダにミニトマトを半分に切って入れると

鮮やかな赤が映えます。

卵焼きの黄色もブラックペッパーの黒も彩りになります。

粉チーズも彩りの白で、優しい色合いです。

パセリを洗って、そのままよく振って水を切ったら、

枝から外してビニール袋に入れて冷凍しておきます。

完全に凍ったらそのまま手でくしゃっと袋ごとパセリを

砕くとパセリのみじん切りができます。

スープにかけると綺麗ですよ。

まとめ

今回は簡単なテクニックと、ちょっとだけ手抜きをご紹介しました。

料理は毎日するものですが、1日3回はけっこう疲れるし

気持ちも落ちてしまいます。

たまには外食も心の栄養になりますが、

節約も考えるとやはり、お家ごはんがいいですよね!

普段はお家でなかなかご飯が食べられないご主人様も

おいしいご飯を家族で食べたら元気になりますよね。

この記事が忙しい奥さまの参考になったら、嬉しいです!

スポンサーリンク