博多から東京へ新幹線で!きつい?暇をつぶすには?

スポンサーリンク

博多に住んでいる人が、旅行で東京に行きたい。

また、仕事で東京に行かなければならない。

博多に出張しているが、東京に戻らなければならない。

そんな時、どんな交通機関を利用しますか?

博多から東京行くには、車ではかなり遠いので

新幹線や飛行機で行く方法というのがベストです。

しかし、私もそうですが、飛行機ってなかなか苦手だなぁという人も多いのでは?

搭乗手続きに時間がかかったり

空を飛ぶのがちょっと怖いなんて理由で飛行機が嫌いな方のために

今回は、博多から東京から博多まで新幹線で行く場合にかかる時間や

安くいける方法などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

博多から東京に新幹線でかかる時間は?体がきつい?

博多から東京まで新幹線で行くと

時間はどのぐらいかかるのでしょうか。

途中停車駅の少ないのぞみを利用した場合での

新幹線の移動時間は約5時間かかります。

5時間といったらかなり長時間になり

かなりきついですよね。

新幹線は乗っている間ずっと座りっぱなしのことも多く

車内を歩き回っても特にすることがありません。

歩くといっても、車両の通路をウロウロしていたら

他の乗客に不審に思われることもあって

なかなか動くこともできないですよね。

ずっと座りっぱなしというのもなかなか辛いものです。

座っているだけでも疲れてしまいます。

博多から新幹線を移動する間の5時間

時間を持て余してしまいます。

暇つぶしの一番の方法はやっぱり「スマホ」ではないでしょうか。

・スマホで遊ぶ

今は新幹線でなくてもスマホで遊んでいる人はかなり多いですよね。

スマホでゲームをしたり、SNSをしたり漫画を読んだり。

スマホで遊ぶことが好きな人は

いくらでもスマホで時間をつぶすことができるのではないでしょうか?

スマホで遊ぶ場合、気になるのは通信料や充電ですよね。

・新幹線でwi-fiは使える?

新幹線ではwi-fiが利用できる区間が限られています。

wi-fiが利用できるのは

東海道新幹線のN700 系とN700A系全て

東北新幹線E5系の一部車両だけとなっています。

東海道新幹線では、東京~新大阪間のみです。

そして、新幹線でwi-fiを利用するには、

あらかじめwi-fiサービスを提供する会社と契約をしておかなければいけません。

docomo-wifi

NTTフレックスポット

HOTSPOT

BBモバイルポイント

UQ_wi-fi

の5社になります。

フリーのwi-fiは新幹線列車にはないのです。

新幹線でwi-fiを利用するのって結構めんどくさいですよね。

私も新幹線に乗ったとき

契約をしていないと使えないということを知らなくて

とても困惑しました。

新幹線での長旅にwi-fiが使えないのはとっても不便ですよね。

2018年夏ごろには誰でも使えるwi-fi設備というのを導入予定

だということなので、それまではwi-fiを新幹線で使いたい人は

契約が必要だということを覚えておきましょう。

スポンサーリンク

・新幹線でスマホの充電はできる?

スマホで遊ぶにしても5時間も新幹線に乗っていたら

充電もなくなってしまいます。

新幹線でスマホの充電はできるのでしょうか。

新幹線にはコンセントがついている車両がありますが

場所が限られています。

N700系N700A系の車両にはグリーン車の全座席と

普通車(指定席・自由席)の窓側(A・E席)

最前列と最後列座席の壁にコンセントが

設置されています。

700系の新幹線の車両は

最前列と最後列座席にのみ設置されており

コンセントがついていない車両もあるみたいです。

全座席にコンセントがついていないとなると

暇つぶしにスマホで遊ぼうと思っている方は

コンセントのついている座席を狙って座る必要がありますね。

席がとれなかった場合には、モバイルバッテリーを

持っていくなどしたほうがいいでしょう。

博多から東京に新幹線で安くいく方法は?

博多から東京まで新幹線で行く場合

新幹線では長距離区間の運賃は安く設定されていますので

飛行機に比べるとお手ごろ料金になっています。

のぞみ号を利用した場合、東海道・山陽新幹線の正規料金は以下の通りです。

・普通車自由席 21,810円

・普通車指定席 22,950円

・グリーン車 30,080円

・「EX早得」が一番安い

「エクスプレス予約」「スマートEX」会員専用の割引チケットで

3日前までに予約をすれば以下の金額になります。

・平日・普通車指定席 17,400円

・土曜休日・普通車指定席 17,000円

3日前に予約するという制限がありますが

価格的には大変お得になっていますね。

このサービスは窓口で利用することはできませんので注意が必要です。

・回数券

・普通車指定席 21,360円

金券ショップなどで回数券をばら売りで売っているのを買うのも

当日予約なしで乗車できるという便利さがあります。

・往復割引

・普通車自由席 20,420円

・普通車指定席 21,560円

また、往復する場合は自由席であればJRの駅窓口で

往復割引で購入割引を購入すると安いです。

博多~東京間は始発になりますので

自由席に座ることは出来ますので、利用してください。

・途中下車はできる?

博多から東京を新幹線で利用する場合

途中大阪や名古屋に停車します。途中下車もできます。

途中下車をする場合、乗車券の料金は変わりませんが

特急券の料金が変わるので、買い方に注意する必要があります。

特急券の料金

・博多~名古屋 7,420円

・名古屋~東京 4,830円

・博多~新大阪 5,700円

・新大阪~東京 5,700円

途中下車をする場合には特急券の料金を考慮して購入するようにしましょう。

まとめ

博多から東京に新幹線でいくのはなかなかの長旅になります。

どうすれば安くいけるのか、また新幹線の中でどう過ごすのかを参考にして

博多~東京間の新幹線旅を楽しみましょう。

スポンサーリンク