お風呂に謎のオレンジ色の汚れが!正体と取り方は?

スポンサーリンク

毎日一生懸命お風呂掃除をしているのに

いつの間にか謎のオレンジ色の汚れが・・・?

このオレンジ色の汚れ、一体なんなんでしょうか?

今回は、お風呂にいつの間にかついている

謎のオレンジ色の汚れの正体や

とり方について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

お風呂のオレンジ色の汚れの原因は?

お風呂のオレンジ色の汚れ、お風呂についているんだから

カビか湯あかかなんかかなぁと思っている人もいるんじゃないでしょうか?

このオレンジ色の汚れの正体は実は

「バクテリア」と「酵母菌」が原因なんです。

バクテリアとは細菌の一種ですが

カビとは何が違うんでしょうか?

実はカビは、細菌が進化したものであり

細菌は単細胞生物で

細菌が進化したカビは多細胞生物だという違いがあります。

カビと細菌なんて似たようなものなんじゃないの?

と思いますが、一応違いがありますので

対処法も変わってくることもありますので

ココを押さえておきましょう。

そしてこのオレンジ色の汚れ

大半は「メチロバクテリウム」という名前の細菌です。

オレンジ色に見えるのは、赤色酵母菌である「ロドトルラ」です。

お風呂だけではなく、洗面所やキッチン

歯磨き用のコップやトイレなど水周りで出現します。

いろんなところで目にしたことがある人もいますよね?!

「メチロバクテリウム」が発生する原因は、

「水分」「栄養」「温度」です。

メチロバクテリウムの特徴は

乾燥にも強いということです。

カビとの一番の違いはコレですね。

オレンジ色の汚れってぬめぬめしてませんか?

このぬめりが、乾燥から細胞を守り、強化、防御しているんです!

さらに繁殖力も非常に高いので

お風呂に残った石鹸カスや皮脂などを栄養として

どんどん増殖していきます。

菌を完全に退治してしまわなければ

落としてもスグにまた発生してしまう厄介なヤツなんです。

カビを殺す塩素や薬剤に対しても大変強力であり

一生懸命カビ対策をしていてもオレンジ色の汚れが残ってしまうのは

そういった理由からだったんですね。

お風呂のオレンジ色の汚れの取り方は?

オレンジ色の汚れの原因である「メチロバクテリウム」は

シャワーで洗い流したり、スポンジやブラシなどでこするだけでは

死滅させることはできません。

では、どうやって殺菌すればいいのでしょうか?

・60度以上の加熱処理で殺菌

メチロバクテリウムは、60度以上の加熱処理で

殺菌することができます。

お風呂では60度以上のお湯を使うことってないですよね。

だからオレンジ色の汚れが付着してしまうんです!

・エタノールを使う

また、「エタノール」を使うことも有効です。

1.ピンクのぬめりをこすりとります。

2.エタノールを浸したキッチンペーパー等を上から貼り付けます。

3.5~10分ぐらいそのまま放置して、さらに貼り付けたペーパーでゴシゴシ磨きましょう。

・専用洗剤を使う

また、オレンジ色の汚れに対応した除菌剤配合の

浴槽用洗剤も市販されています。

日常の掃除でこの洗剤を使えば

オレンジ色の汚れの発生を防ぐことが出来ます。

殺菌をしたら、また再発しないように予防しなければいけません。

強力で乾燥に強いという特徴を持つ細菌ではあるものの

やはりお風呂のこまめな換気は大切です。

窓を開けたり、換気扇を回したりして

お風呂の換気はしっかりと行いましょう。

また、お風呂の水滴などを拭き取って

お風呂に水分を残しておかないようにすることも大切です。

スポンサーリンク

まとめ

せっかく毎日キレイにお風呂掃除をしていても

オレンジ色の汚れがついてなんとなくお風呂が

汚く見えてしまうなんてことになったらいやですよね。

しかもその正体は細菌です!

知らなかったらなんだこれー?で

やり過ごしてしまいそうですが

細菌だと知ったらきちんと除菌してしまわないと気持ち悪いですよね。

オレンジ色の汚れ対策をして

お風呂をいつでもピカピカの状態で使えるようにしましょう!

スポンサーリンク