ピアノは7歳からはじめても遅い?大丈夫?何歳がベスト?

スポンサーリンク

ピアノを習わせたかったけど

タイミングがなくてなかなか始められなくて

いつの間にか7歳になってしまったけど

7歳になってからピアノをはじめるのって遅いんじゃないの?

なんて不安に思う人も多くいるんじゃないでしょうか?

子供に音楽を好きになってほしいので

ピアノをやらせたい。

だけど、ピアノは7歳からはじめても遅くないの?

大丈夫なの?

ピアノを始めるのは何歳からがベストなの?

といった疑問やお悩みを解消していきましょう!

スポンサーリンク

ピアノは7歳からはじめるともう遅い?大丈夫?

・ピアノを始めるのにベストな年齢は?

ピアノを習うのには小さければ小さいほど上達しやすいです。

人間には利き手がありますよね。

大きくなってからだと、利き手じゃないほうの手を動かすのは

とっても難しく感じるんじゃないでしょうか?

しかし、小さい子は利き手という概念があまりないです。

小さいうちから両手を動かすようにしていると上達も早いです。

そして、7歳までにピアノを始めた子というのは

それ以降にはじめた子よりも脳の大きさが5%大きくなることが知られています。

4~7歳は、小脳が発達する時期であり

ピアノをはじめると脳に非常にいい影響を与える時期だとされています。

ピアノを始めるのにベストな年齢は

できるだけ早く、と言うことが出来ますね。

・7歳から始めると遅い?

ピアノは早くから始めたほうがいいということがわかりましたが

7歳から始めたって遅いということはありません。

むしろ、7歳ぐらいから始めたほうが

技術的には一番伸びるとも言われています。

7才以前ではピアノを打鍵する力が体についていないので

指に無理がかかるという説をとる

指導者もいます。

7歳というのは指の機能が一番発達する時期でもあります。

また、小学生になれば理解力が高まり

まだ反抗期でもないしレッスンも真面目に受けられますよね。

やる気も出て、教材を進めるスピードも上がり

上達も早いでしょう。

その点では、7歳から始めることが遅いとも限らないし

むしろベストかもしれない

ということがわかりますよね。

7才までは音楽や音やリズムを中心に親しむ。

7才から技術も高めていく。

そんなパターンを採用しているのが

ヤマハ音楽教室などです。

またシュタイナー教育では

7才まではピアノを習うのをすすめません。

ですから、今も本当のところ

どうなのか?

それは誰にもわからないのだと思われます。

要は本人のやる気次第!という部分も大きいです。

小さいうちからピアノを習っていても

本人にやる気がなければ意味がありません。

7歳からでも本人にやる気があれば全く問題ありません。

充分ピアノが上手に弾けるようになりますよ!

ピアノを7歳からはじめると音感が身につかない?

音感に関しては、7歳からでは少し遅い可能性もあります。

音感には「絶対音感」というものがあり

音楽ではない普通の雑音のようなものまで

「ドレミ」のような音階に聞こえる能力のことを言います。

この音感を身に着けるのには年齢制限があるのです。

人間の身体というのは、脳のほうが先に発達します。

音感については、幼児期が発達のピークであるので

絶対音感の獲得を目的とするのであれば

ピアノを始めるのは7歳よりも早い時期をオススメします。

できれば、耳の機能が完成してしまう6歳までに始めるのが有効です。

絶対音感を獲得するまでには

5歳までに何か楽器に触れて

音の高さとその音の名前との関係を訓練することが必要だ

と言われています。

耳の発達は、4歳~6歳までに急激に発達し

その後は横ばい状態になってしまうのです。

この時期を逃すと、一生身につくことはないとまで言われています。

絶対音感を身に着けたい!と最初から思っている方は

お子さんは6歳までに何らかの音楽に触れさせることを

おすすめします。

スポンサーリンク

まとめ

ピアノを習わせるのに7歳というのは

大変重要な区切りであるといえますね。

音感を身に着けたいのであれば

6歳までに音楽に親しむのがおすすめ。

7歳からピアノを始めたからといって

ピアノが弾けないとかそういうわけではありません。

この記事をかいた筆者も

大人になってからピアノを習いはじめましたが

ぐんぐん上達しています。

やらされて習っていたものより、上達のスピードが

段違いに早いです。

やっぱり好きな気持ちが一番ですよね。

その点、7歳になると好みもはっきりしているので

やる気もあり、上達のスピードが速いでしょう。

ピアノというのは脳や身体の発達にも

とても影響することがわかっています。

7才からのスタートでも上達しますから

あせらず、それまで音楽に親しむことを

心がけるのが大事です。

スポンサーリンク