子どもの包丁は何才からがベスト?どんな包丁が危ない?

スポンサーリンク

お手伝いする!ママの真似っこする!と、どんどん成長していく我が子。

2・3 才になると、料理のお手伝いに興味をしめすことが多いようです。

しかし、包丁はいつから使わせたらいいのかわかりませんよね。
せっかくのお子様の好奇心、つぶしてしまうのは勿体無い!

いつからがベストなのかと、おすすめできない包丁の特徴をお伝えいたします。

スポンサーリンク

子どもの包丁は何才から持たせても安心?


私は、3 才ごろから握らされました。
早いと 2 才ごろから握らせる家庭もあるようです。

幼稚園にあがる頃からの家庭が多いようです。

せっかくのお子様の好奇心とやる気。
危ないから、手間が増えるからと断ってしまうのは、勿体ないです。

※特に決まりはないのですが
・危ない事をすると怪我をする事を理解している
・約束を守れているかどうかで決めましょう!

その他にも

・大人と一緒に使う。
・刃を触らない。
・余所見をしない。
・振り回さない。
・上手くいかないから、と怒らない。
など、ある程度の取り決めをしておくのがいいと思います。

指を切ってしまうのも、経験の一種です。
私も幼少期に指を切ってしまい、「血がが出た!」とパニックになったそうです。
※誤字ではありません。事実です。

また、「血ぃ真っ赤出た」と言った友人もおります。
そんな経験も、大きくなってから話すと笑い話になりますよ!

子どもに持たせる包丁でおすすめしない包丁は?


お手伝いをお願いしたくても、大人用の包丁では危ないですよね。

大人用のペティナイフでさえお子様にとっては、大きく扱いにくいもの。

おすすめしない包丁(子どもが使いにくいもの)の特徴はこのようにあげられています。
・重いもの
・切れないもの
・利き手に合わないもの
・手の大きさに合っていないもの
・刃先が尖っているもの
これらに当てはまらない子ども包丁を選んであげましょう!

子ども包丁って、どんなものがあるの?


では、子ども包丁と一括りにしてもどんなものがあるのでしょうか?
メリット、デメリットと合わせてみてみましょう。

刃のない子ども包丁(まる刃)

まずは、刃のない子ども包丁です。
幼児のお子様の練習用にいいでしょう。

★良い点
刃の部分を握ってもケガをしにくい。
基本動作(押す→引く)を覚えるのにいい。

★悪い点
固いものを切ろうとしても切れない。
また、力任せに切ろうとするので危険。
安全性は高めなのですが、人参やジャガ芋などの固いものを切りたがった場合は危険で
す。
お豆腐やバナナ、練り物などの柔らかいもので練習する用と見てもいいかもしれません。
また、プラスチック製品もあるようです。

ギザギザ刃のついた子ども包丁

こちらは、ノコギリのようなギザギザ刃がついているものです。
刃のないものと同様にケガをしにくい構造となっています。
こちらはプラスチック製品とステンレス製品、ポリプロピレン製品の三種類が販売され
ています。

★良い点
まる刃と違って、刃のある部分がわかりやすい。
柔らかいものだけでなく、きゅうりなども切れる。

★悪い点
ノコギリのように、何度も押して引いてを繰り返す必要がある、
きゅうりなども切れるが、やや切りにくい。
こちらは、幼稚園に入園したぐらいのお子様におすすめです。
刃の部分がわかりやすいので「ここは触ったらダメ」と教えやすそうですね。

ちゃんと切れる子ども包丁

だんだん大人用と違いがなくなってきました。
このタイプのものだと、固いものでも切ることができそうです。

★良い点
刃先や刃元が丸くなっているので、手が滑ってもケガをしにくい。
また、刃先・刃元の 1cm には刃がないものもある。

★悪い点
まる刃、ギザ刃と違いケガをしやすい。
大人用と大差ないぶん、ケガのリスクも増えます。
初めて包丁で指を切った時には、お子様が慌ててしまう事もありますので気をつけてく
ださい!

こちらの素材は、ステンレス製品とセラミック製品が販売されています。
また、よく切れるタイプには二種類あります。
上記の通り、刃先・刃元 1cm ほどには刃がないものと、大人用を小ぶりにしたもので
す。
購入する時には気をつけて購入しましょう!

まとめ


お子様のお料理のお手伝いは、幼稚園に入園前が多いようですね。
我が家の息子(2 歳)も、おままごとセットが大好きなので入園前にやらせてみようかと
思います。
また、子ども包丁も段階を重ねて買い換えていくとよさそうです。
1 セットになって販売されていたりするので、要チェック!
苦手な食材も、お子様自身が切ったものだと食べてくれるかも…!?

スポンサーリンク