すだれの捨て方チェックポイント!分解できる?再利用の方法も

スポンサーリンク

すだれは夏の暑い日に暑い日差しを遮ってくれる有能なグッズです。

しかし、すだれは使っていくうちに劣化していってしまうものですので

買い換えることが必要になってきます。

では、使わなくなったすだれというのは

どのように処分したらいいのでしょう?

すだれを捨てるときの処分方法や

再利用の方法などについてまとめてみました。

スポンサーリンク

すだれは粗大ごみ?分解してゴミ袋にいれられる?方法は?

すだれって、窓のサイズに合わせて購入しているはずですので

結構大きいんですよね。

小さい窓ならまだしも

ベランダの窓など大きい窓サイズのすだれだと

大きくてどうやって処分すればいいのか困ってしまいます。

粗大ごみ

すだれはそのままの形で捨てる場合には

粗大ごみとして捨てましょう。

大きくてゴミ袋に入らないですもんね。

でも、粗大ごみとして処分するのって

費用もかかるし結構手続きも面倒なんです。

すだれを分解する

すだれはサイズが大きいとゴミ袋に入らないので

粗大ごみとして処分しなくてはいけませんが

分解してサイズを小さくすれば可燃ごみとして捨てることができます。

すだれの素材は竹なので、もちろん燃やすことができますよね。

新聞紙を敷くなどして、その上ですだれをはさみで切って小さくしていきましょう。

小さくしたら可燃ごみの袋へ入れて、可燃ごみでポイ!

これなら面倒な粗大ごみの手続きをしなくても

すだれをすぐに処分することができますね。

たとえば、硬いものも楽にきれる、こんなハサミを使えば

粗大ゴミにだせますね!

(ほかのものも一緒にじゃんじゃん捨てましょう)

こっちだと、カーペットや布団なんかも、燃えるゴミにだせるまで

分解できます。

すだれの捨て方はわかったけどやっぱり捨てない再利用方法は?

すだれは粗大ごみやはさみで切って分解して

可燃ごみで出せば処分できるということがわかりましたが

大きいので何かで使わないともったいない

と思う人もいるのではないでしょうか?

年数がたって劣化しているとはいえ

ボロボロと砕けるような状態でなければ

すだれって割としっかりしているし

捨てるのがなんだかもったいないという気分になるかもしれませんよね。

また、まだまだ使えるんだけど

引越しをすることになったので処分しないといけなくなった…

なんてときも、キレイな状態のすだれを処分してしまうのは

もったいないですよね。

そんなとき、すだれを再利用する方法があるので紹介していきます。

エアコンの室外機の日よけとして使う

外にあるエアコンの室外機。

室外機専用の日よけグッズもありますが

使用しなくなったすだれを使っても日よけ効果はあります。

室外機の上にすだれをかけておけば

室外機に直射日光が当たるのを防ぐことができ

省エネ効果が期待できます。

押入れのすのこ代わりに

押入れに敷いてすのこ代わりに使用してみるのもいいですよ。

押入れに直接物を置きたくない人にもオススメです。

玄関入り口に置いて靴の泥落としに

玄関の入り口に使わなくなったすだれを置いておけば

靴の泥落としの効果があります。

これは便利ですよね。

すだれも無駄にならず、靴のよごれも落とすことが出来ます。

食材を天日干しにして乾燥させるのに使用する

使用しなくなったすだれの上に

乾燥させたい食材をのせることができます。

食材を乾燥させるときってすだれみたいなものの上で

乾燥させてますよね。

それを使わなくなったすだれで代用するんです。

干ししいたけを作ったりしてみてもいいかもしれません。

今までチャレンジしたことのない人でもコレを機に挑戦してみては?

部屋の装飾に

部屋を装飾するのに使わなくなったすだれを使うのも

模様替えになっていいかもしれません。

また、収納棚などの目隠しに利用するのもいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

すだれはサイズが大きいものですので

処分するのも結構大変なんですね。

粗大ごみで出すのはかなり手間がかかりますので

処分する際は分解して可燃ごみに出すのがオススメです。

また、処分するのがもったいない!と思う方は

再利用もしてみるのもいいかもしれませんね。

再利用の方法もいろいろあるので、是非試してみてください。

スポンサーリンク