よしずが雨の時どうする?よしずの正しい使い方

スポンサーリンク

よしずというのは、暑い夏の日の日差しを遮るために

窓の外に立てかけておくものですよね。

暑い日には暑い日差しを遮ってくれる嬉しい効果がありますが

雨が降ったときによしずはどうすればいいのでしょうか?

また、マンションのような集合住宅において

よしずを使用する場合には

倒れたり飛んでいったりしないか不安に思う方もいるかと思います。

よしずの正しい使用法、よしずを使用する際の雨の日の対処方法や

よしずの設置方法、固定の必要性などを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

よしずは雨の時だしっぱなしでも大丈夫?

よしずは葦の茎を材料として用いられており

窓や壁に対して立てかけるようにして使用します。

屋外で使うものなので、もちろん雨が降れば濡れてしまいますよね。

よしずは雨が降ったとき出しっぱなしでも大丈夫なのでしょうか?

よしずは植物で作られていますが

よしずになってしまっている葦はもう生きていないものなので

雨に濡れれば劣化してボロボロになったり

湿気でカビたり腐ってしまったりします。

しかし、よしずには雨よけの効果もあるんです。

大きな窓に立てかけるよしずは雨が降っても嵐のような家の中に

吹き込んでくるような雨でなければ窓を開けていられるぐらいの

雨よけ効果があります。

雨の日でも出しっぱなしにしていても役に立つということですね。

しかし、雨に濡れたよしずをそのままにしておくとカビの原因になってしまいます。

出しっぱなしでも役に立つということが分かりましたが

晴れた日にはきちんと乾燥させることが大切です。

ベランダでのよしずの設置方法は?固定して強風でも大丈夫?

ベランダでのよしずの設置方法

マンション等のベランダでよしずを設置する際には

どのような設置方法があるのでしょうか。

マンションのベランダに取り付けるとなると

気になるのは大きさですよね。

ベランダの幅や高さなどサイズをきちんと測っておくことが重要です。

よしずの設置方法はとても簡単です。

ベランダの窓に立てかけておくだけ!

窓に直接立てかけてしまうと窓があきませんので

窓のサンの上の部分に立てかけるように設置しましょう。

窓とよしずが離れていると、風通しがよくなってより涼しくなります。

いい感じの角度を自分で探してみてください。

よしずを固定する

よしずは立てかけておくだけととっても簡単ですが

気になるのは強風のときです。

立てかけてあるだけだと

倒れたり飛んでいったりしてしまう可能性があります。

特にマンションの場合はよしずが倒れたり飛んでいったりしてしまうことで

近隣住民に迷惑をかける可能性もありますので

よしずを固定しておくことがオススメです。

よしずを固定する方法

2.よしずの半分ぐらいの高さの位置に丈夫な紐を通します。

3.紐を下にたらし、紐をブロックなどの重いもので固定します。

4.さらに上のほうにも紐を通し、サッシなどに結びつけて固定します。

こうすれば簡単によしずを固定することができます。

また、さらにしっかり固定したいという人には

金具を使用して取り付ける方法もあります。

金具は、サッシに取り付けていきます。

サッシ取付金具にはサッシの枠にネジで取り付けるタイプのものや

マグネットのもの、粘着力の高いジェルフックタイプのものなどがあります。

サッシに金具を取り付けたらよしずを取り付けていきましょう。

よしずの上のほうは金具にひっかけ

下はブロックなどの重しで固定すれば

風で飛んでいってしまうのを防ぐことができます。

金具は100均などでも手に入れることができるのでお手軽にできますよね。

台風のようなひどい雨風のときは

危険なのでよしずは巻き取り

横に寝かせてしまっておくなど安全なしまい方で

しまっておくようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

よしずは日差しを遮るために屋外で使うものです。

暑い日差しを遮り、私たちに涼しい効果をもたらしてくれるものですが

やはり雨が降ったり風が吹いたりすればどう対処したらいいのか悩むこともあるでしょう。

よしずは消耗品と考え、割り切って使用するべきものであるという考えもありますが

できるだけ大切に使ってあげたいですよね。

よしずを正しく設置して雨などで痛んで劣化してしまわないように

しっかり対処して使っていきましょう。

スポンサーリンク