ど派手!長崎でお盆に花火をするようになった理由とは?

スポンサーリンク

私は北国育ちなのでしらなかったのですが

長崎のお盆は少し変わっているようで墓前花火という風習があるそうです。

長崎では精霊流しと言う

その年のお盆前に死去した方の遺族が

新盆に故人の霊を弔うために手作りの船を造り

その船を引きながら街中を練り歩き

極楽浄土へ送り出すと言う長崎の伝統行事です。

その精霊流しの時に爆竹が使われます。

それは中国の影響だそうで

爆竹には魔除けの意味があり

船が通る道を清めるために爆竹や花火を

鳴らしながら船を引いて歩くそうです。

このように中国文化が色濃く残る長崎では

お盆にお墓でロケット花火や噴火花火の元祖「ドラゴン」などを

墓前でガンガン焚いて派手にご先祖様を送り出すのです。

お墓の前で辛気臭い顔してないで賑やかにしてあげようと言うのが

長崎の人々の気持ちのようです。

なので長崎市民にはお墓で花火をする事が当たり前で

逆にそこで花火をしないで何処でやるの?

と言うくらい、当たり前の事なのです。

今の時代、花火をやる所は限られてきて

近所迷惑だったり、煙が嫌だ!などうるさく言われる事が多くなって

やる機会も場所も少なくなってしまいました。

そんな中、御墓参りなんて面倒くさいと言って

行かない人が他県では多い中

長崎ではお墓は花火の聖地なので

そこでは文句を言われず花火が出来るので

お盆を楽しみにしているお子さんも多いそうです。

スポンサーリンク

長崎ではお盆に花火をする風習が!はじまりは何?

長崎の精霊流しの始まりは諸説あるそうで

その中でも中国の「彩舟流し(さいしゅうながし)」が

伝わってきたと言うのが有力のようです。

彩舟流しとは、江戸時代に中国から貿易や通訳のために

長崎へ来た人達が、航海途中や長崎で亡くなる事があった為

その人々を弔うために行っていた行事だそうです。

毎年「小流し」と言って約4mの舟を造り

荷物や人形を乗せて法要をした後は舟を燃やしたそうです。

約30年ごとに行われる「大流し」では

7m以上の実物大の舟を造り

大流しも唐人屋敷の前の海岸に浮かべられた後は

最後は焼かれていたそうです。

この彩舟流しは明治維新後にはなくなりました。

精霊流しで派手に鳴らされる爆竹も

彩舟流しの影響とされています。

中国では爆竹は「魔除け」の意味があるそうです。

その為爆竹は精霊舟が通る道を清める為に使われています。

今の精霊流しは大きな精霊船を作り

それを引き爆竹や花火を鳴らしながら

街中を練り歩き死者を弔いその船を海に流して

送り出すようになりました。

実際には海には流さず、大波止に船を止め

そこで遺影や盆提灯など持ち帰るものを取り外してから解体されます。

長崎でのお盆の様々な風習とは?

長崎では精霊流しを行なったり

お墓で花火をするなどいろいろな風習があります。

それは長崎ではお盆は

「浄土から年に一回帰ってくる精霊を生きている人に対するように歓待し

送り返す行事として伝承されている」との事で

新盆には精霊流しで盛大に舟で送り出してあげて

そのあとは、お墓で花火をして賑やかなお盆をする風習があるのでしょう。

なぜ墓所で花火をするようになったのかと言うと

江戸時代に墓所で唐人鉄砲や音火矢・箭火矢などと呼ばれた花火を

盛んにあげていたと残されていて

墓所での会食や宴会は中国の風習に倣ったもので

それが風習になったと言われています。

まとめ

このような風習は他の県では見ることが出来ない特別な風習なので

これからも無くならないように大事にしていかないといけませんね。

花火や爆竹を使うのでくれぐれも火事などに気をつけて安全に行いましょう。

スポンサーリンク