あれ?マテ貝の内臓は食べれるの?処理方法は?

スポンサーリンク

あれ?マテ貝の内臓は食べられる?処理方法は?

マテ貝を採ってきて、調理しようとしたときに下処理をしていますか?

マテ貝マニア(?)の人は、砂抜きしなくても大丈夫!という方もいます。

楽しく潮干狩りをしてきて、いざ食べてみたら「ジャリ」となるのも嫌ですよね。

また、内臓は食べられるのか不安ですよね。

東日本では食べられることの少ないマテ貝。

内臓は食べられるのか、下処理は必要なのかをまとめました!

スポンサーリンク

マテ貝の内臓は食べられる?下処理は必要?

マテ貝マニアがおすすめする食べ方はなんと「刺身」!

アサリも刺身で食べる方もいるようです。

刺身で食べる際には内臓の処理が必要となります。

マテ貝の下処理の方法

  1. 頭から買いの割れ目に沿って開き、中身をとりだす。

グロテスクなビジュアルですが、頑張りましょう( ;∀;)

  1. 包丁で、胴体とヒモに切り分ける。

ヒモの部分はサヨウナラ…。

  1. 胴体の真ん中から包丁で開いて内臓を取り除く。

細かい作業なのですが、美味しいものを食べるために根気作業!

  1. 内臓を取ったマテ貝に、塩ひとつまみしてもむ。
  2. 塩をきれいに流して、キッチンペーパーなどで水気を取る。

臭みが気になる方は、塩もみを2~3回繰り返しても大丈夫です!

洗いすぎは、味まで流してしまうので要注意です!

さっと湯通ししてもおいしく食べられますよ♪

砂抜きはアサリと同じように塩水に入れ、一晩置くだけです!

そのさい、冷蔵庫には入れずに、布などをかけて暗くしてあげましょう!

マテ貝は基本的には砂抜きの必要がないので

水道水で洗った後にそのまま1時間つけておくだけでもOKです。

内臓はお刺身では食べられませんが

バター焼きや酒蒸しの場合は取らなくてもOKです!

砂抜きも、あまり砂を噛むことはないので

しなくても大丈夫です♪

スポンサーリンク

マテ貝を食べるための臭みとりの方法は?

次に、臭みとりの方法をみてみましょう!

臭みとりは、砂抜きの後にやってくださいね♪

マテ貝の臭みとりの方法

お鍋にマテ貝を入れ、お酒と水を5:5で入れましょう!

沸騰したら火を止めて、臭みとりの終了です。

お酒のアルコールが完全にとんでいないので

お酒の香りが残っている感じです。

ザルにあけて冷水にさらしたら、調理を開始しましょう!

また、アルコールではなく、塩での臭みとりも可能です。

先ほどの下処理の最後の、「塩もみ」です。

こちらは、中身のみで行いましょう!

そのままやると、殻がバキバキに折れてしまいます…。

新鮮であれば、臭みとり自体不要!と言う意見もありました。

自宅に持ち帰った際には、やっておいたほうが確実ですね!

スポンサーリンク

まとめ

殻がとても柔らかくて、折れやすいマテ貝。

見た目は独特ですが、味はホッキ貝に近くて美味しいですよ♪

内臓は、ワイン蒸しにしても気になる方もおりましたので

バター焼きや酒蒸しにする際に取り除いてもOKです(*^_^*)

臭みとりも、水とお酒を半分ずつ入れて茹でるだけなので簡単です!

潮干狩りでマテ貝を見つけたら、ぜひ食べてみて下さいね♪

スポンサーリンク