竹の葉と笹の葉は同じ?違いを解説します

スポンサーリンク

毎年、7月7日の七夕の日には

笹の葉に願い事を書いた短冊や飾りを吊るして

星にお願い事をしますよね~!

我が家は裏に竹やぶがあるので

そこから竹の葉をとってきます。

でもちょっと待てよ?

竹の葉って笹の葉とは違うんじゃないの?ということで

竹の葉と笹の葉の違いについて調べてまとめてみました!

スポンサーリンク

竹の葉と笹の葉は同じもの?違いはあるの?

竹の葉と笹の葉が同じものだと思っている人って

結構いるのではないでしょうか?

竹の葉が笹の葉なんじゃないの?と

思いがちです。二つは似ていますもんね!

しかし、実は竹の葉と笹の葉というのは別物なんです!

竹とはどんなもの?

竹というのは、たけのこが大きく成長したものですよね。

たけのこが成長すると

たけのこについていた皮は全部剥がれ落ちていきます。

皮が剥がれ落ちるので

竹の表面はツルツルとしていますよね。

そして、竹の葉です。

竹の葉が笹の葉なんじゃないの?と

思っている人たくさんいるんじゃないでしょうか!

しかし、葉脈が格子状になっているものが竹の葉です。

さらに、笹の葉の枝は

節目から出ている枝の本数は2本です。

大きさも、竹は大きく育ちます。

笹とはどんなもの?

笹は、竹と違って、成長しても皮が剥がれ落ちません。

成長してもたけのこの皮が剥がれないまま残っているので

ツルツルの竹との違いは一目瞭然ですね。

そして葉です。笹の葉の葉脈は、平行になっています。

節目から出てくる枝の本数も

竹は2本ですが

笹は5~6本とかなり違いがあることがわかりますね!

笹は竹に比べてあまり大きくならないのも特徴です。

竹と笹の違い

○大きさ

○皮

○葉

○枝の数

コレだけ見ると、ぱっと見は同じような感じでも、全然別物だということがわかりますね~!

竹の葉と笹の葉 七夕で使うのはどっち?どこで手に入れるの?

【竹の葉と笹の葉】七夕で使うのはどっち?

竹の葉と笹の葉が全くの別物であるということがわかりました。

では、七夕で使うのは竹と笹どっちの葉なのでしょうか?

七夕の歌では「笹の葉さらさら~♪」って歌いますよね~!

だったら七夕で使うのは笹でいいのでは?と思いますが

実は七夕で使うのはどっちでもいいみたいです。

竹も笹も、ずっと昔から「神聖なもの」として

厄払いなどの儀式にも使用されていました。

竹や笹は天に向かってまっすぐに伸びていますよね。

その姿に力強い生命力を感じ、葉には殺菌力もあるため

厄除けの力があるという風に信じられていたようです。

また、風にゆれてさらさらと音がするのは

神様を招くとして

精霊や神様のよりしろと考えられていました。

竹も笹も姿形は似ていますから

同じような効力があればどちらでもいいんですね~!

どこで手に入れるの?

我が家は、竹やぶが近くにあるので

ササーっといって取って来れちゃいますが

どこの家の近くにも竹やぶがあるとは限りませんよね。

では、竹や笹を手に入れたい!と思ったとき

どこで入手したらいいんでしょうか?

○花屋・ホームセンター

七夕の時期が近づくと

花屋さんやホームセンターでも売られるようになります。

値段は平均的に2mぐらいのもので

500円前後で売られています。

笹は切ってしまうと、すぐに葉が曲がったりしてしまうので

長期間店頭にならぶことはないハズです。

七夕直前にお店をチェックするようにしましょう。

○ネット通販

インターネットで注文するという方法もあります。

実物を目で確認できないのが難点ですが

どうしても笹が手に入らない!

というときは利用すると便利ですね。

スポンサーリンク

○100均

レプリカの笹であれば、七夕の時期なら100均でも手に入ることがあります。

季節商品ですので、事前にお店に確認してみましょう。

まとめ

竹の葉と笹の葉って別物だったんですね!

しかも、七夕に飾るのは竹でも笹でもいいというのも驚きです。

竹でも笹でも七夕のお祝いをするのになんの支障もありませんよね!

竹でも笹でも、きれいに飾って七夕を楽しみましょう♪

スポンサーリンク