酔いやすい人は新幹線で読書をすると酔う?それでも本を読む方法

スポンサーリンク

新幹線での長時間の移動は退屈ですよね?

そのような時間に何かして過ごしたいと思うのは当たり前の事です。

でも、酔いやすい人は本を読んだら酔ってしまうからと躊躇してしまいます。

長時間の退屈ほど苦なことは無いです。

酔いやすい人でも本読む方法はあります。

スポンサーリンク

新幹線で読書したら酔うもの?

まずはなぜ乗り物に酔うのでしょうか?

体の平衡感覚が乗り物の過度の揺れとスピードの変化で

情報が人の限界を超えてしまう事によって吐き気や不快な症状を招くのです。

他にも進行方向と反対向きに座ると

目からの情報と体に感じる情報とのズレが生じ

乗り物酔いになるのです。

このような点から車内でずーと下向きで本を読んでいると

周りが見えなくなりどこを走っているのかわからなくなり

体に感じるものと脳で感じてる事のズレが生じ酔ってしまうのです。

新幹線で本を読んだら必ず酔うのではありません。

それでは、誰も本を読めなくなってしまいます。

酔いやすい酔いにくいの個人差はありすが、この方法をすれば酔いづらくなります。

・まず1つ目は身体のコンディションを整えておく事です!

これは一番大切な事です。

体調が悪いといつもは乗り物酔いしない人でも

酔ってしまうこともあります。

酔いやすい人なら尚更!

なので新幹線に乗る前日は体調に気をつけて

寝不足にならない!

お酒は控えるなどして体調を整えておきましょう。

・2つ目は空腹、満腹の状態で乗らない事です!

お腹の状態を見て適度食事をして乗車しましょう。

後はお腹を締め付けないようにしましょう。

本を読む時前かがみになるのでお腹が圧迫されてしまうので

出来るだけリラックスした状態で乗りましょう。

3つ目は座席の選び方です。

車両の前の方と後ろの方は揺れを感じやすいので

なるべく真ん中に座るようにするといいです!

このような点を気をつけるだけで酔うリスクは軽減されます。

新幹線で読書したら酔う?聞けば大丈夫!

本を読みたいけど、夢中になってしまい

ずっと下を向いているとやっぱり酔ってしまったら・・・

という心配もありますよね?

そういう時は、本を読み上げでもらうというのはとうでしょうか?

Amazonと提携している

kindelという電子書籍サービスを使って

スマホに入っている読み上げ機能を使って聞くことが出来ます。

これはandroidとiOSでやり方が違うので、それぞれのやり方を紹介します。

【androidの場合】

「Talk Back」というアプリを使います。

使い方については、こちらの記事がとても詳しくおすすめです。

http://www.muji-nobita.com/entry/2015/06/08/214942

【iphoneの場合】

「スピーチ機能」というものを使います。

やり方の順番は

設定→一般→アクセシビリティ→スピーチをオンにする

です。

これで、kindleで読み上げ機能を使うことができるようになります。

そしてKindleのアプリを登録して、読みたい本を購入しておけば

この機能を使って画面も見なくても本を聞くことが出来ます!

しかも、このkindleには月額980円で読み放題という

「kindle unlimited」という制度があるんですよね。

すごいお得さなんです…!

このようなものも利用したら移動時間も退屈にならないですね。

スポンサーリンク

まとめ

乗り物に酔いやすい人でも、体調を整えておくことや

空腹、満腹の状態で乗らないとか少し気をつけるだけでも酔わないで済むこともあります。

本を読む時も夢中になってずっと下を向いているのではなく

ちょこちょこ休憩をとりながら読むと酔うのを軽減できます。

他には本を読みたいけど、酔ってしまいそうという方は

電子書籍を読み上げ機能で聞くのもおすすめします。

聞く時はイヤフォンをつけて

音量を上げすぎないように気をつけてください!

聞いている人はそれほど気にならないですが

音漏れしてとなりに座っている人は嫌な気持ちになります。

なので読み上げ機能で聞く時は十分気をつけなければいけません。

酔いやすい人は気分転換も必要なので

このような方法で読書してみてはいかがでしょうか?

長時間の移動を楽しめるといいですね!

スポンサーリンク