茅の輪くぐりはいつからいつまで?由来やくぐり方は?

スポンサーリンク

茅の輪くぐりは、年に2回ある大祓(夏越の大祓と年越の大祓)の

夏越の大祓の時にやる所が多いです。

大体のところは夏越の大祓の日

毎年6月30日に半年の疫病や罪穢れを祓い残りの半年を

新しい気持ちで過ごせるように茅の輪をくぐり祈る神事です。

6月は夏の暑さが始まり、心身の疲れが病気の流行期と考えられています。

これからくるやつを病気などせずに乗り越えられるようにと言う願いも込めて

茅の輪くぐりが行われます。

次に

・なぜ茅の輪くぐりが行われるようになったのかと

・どのようにくぐるのか?

を紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

茅の輪くぐりはいつからいつまで?由来は?

茅の輪くぐりは基本的には

夏越の大祓の6月30日に行われる所が多いようです。

でも、その日に行けないという方も多い事でしょう。

パワースポットで有名な「車折神社」では

6月いっぱい茅の輪くぐりができるそうです。

そこそこの神社によって1日だけではなく

期間を設けて行われている所もあると思いますので

いつも行かれてる神社に確認してみるといいでしょう。

そもそもなぜこのような行いがされるようになったかというと

日本神話のの中で、素盞嗚尊(すさのおのみこと)が

旅のしている途中、蘇民将来(そみんしょうらい)に

宿を求めたところ、貧しいながらも手厚くもてなしてくれたそうです。

その後、再び訪れた時に

「病が流行った時には茅で輪を作り、腰につけて難を逃れよ」

と教わりました。

そして病が流行った時に

その教えを守った事で難を逃れたというのが由来と言われています。

昔は茅の輪を腰に下げていましたが

江戸時代初期には輪は大きくなり

そこをくぐる事で無病息災を祈り

穢れを祓う神事になったそうです。

茅の輪くぐりのくぐり方と帰り方

茅の輪くぐりは唱え詞を奏上しながら行います。

「払へ給へ(はらへたまへ)  清め給へ(きよめたまへ)  守り給へ(まもりたまへ)  幸へ給へ(さきはへたまへ)  」

  • 茅の輪の前に立ち軽く一礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回っ・元の位置に戻ります。

2.茅の輪の前に立ち軽く一礼をします。右足からまたいで輪をくぐり、右回りに回って元の位置に戻ります。

3.茅の輪の前に立ち軽く一礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、左回りに回って元からあの位置に戻ります。

4.茅の輪の前に立ち軽く一礼をします。左足からまたいで輪をくぐり、ご神前まで進みます。二礼二拍手一礼の作法でお詣りします。

そしてお詣りが終わったら、また帰りも同じように輪をくぐり帰ります。

帰りは輪の裏側から行きと同じように、左回りにくぐり、右回りにくぐり、左回りにくぐって帰ります。

茅の輪くぐりの時に絶対にやってはいけない事があります。

それは茅の輪の草を引き抜くことや引き抜いて持ち帰る事です。

これは絶対にやってはいけません。

それはなぜかというと、茅の輪は多くの参拝者の穢れを吸収してしまっているので、持ち帰ることは、そのような穢れを自分に吸収させる事になるのでやめましょう。

この茅の輪くぐりと一緒に大祓の形代についても紹介しておきます。

形代(紙を人型に切り抜いたもの)に自分の名前と年齢を書き、その紙で身体を撫でて息を吹きかけます。車用のもあるそうです。

そしてそれを海や川に流して、自分の身代わりに清めてもらうという儀式です。

スポンサーリンク

まとめ

茅の輪くぐりや大祓の形代の儀式を行い、半年の穢れを祓い、身も心も綺麗にしていれば多くの幸せも招くことができるでしょう。

ぜひとも参加してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク