スポンジケーキがいっつもパサパサなのはなぜ?しっとりさせるコツ

スポンサーリンク

自宅でもケーキ屋さんみたいなスポンジケーキを作ってみたい!

って思って作ってみたけど

なぜかパサパサになってしまった事ありませんか?

私もお菓子作りが好きなので

スポンジケーキにも挑戦した事がありますが

どうしても失敗してしまって、挫折してしまいました…

どうしてパサパサになって失敗してしまうのかわからなかったのですが

そういう風になるには原因があったのです!

その事に注意するといつもよりはうまくいくようになりました。

どうしてパサパサになるのか?その原因とうまく作るコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

スポンジケーキがパサパサになる原因とは?

レシピ通りに作っているはずなのにどうしてもパサパサになってしまう…

なぜうまく出来ないのだろう?と疑問に思うことあります。

でも、うまく出来ないのはそれなりの理由があってうまく出来ないのです!

ではパサパサになってしまう原因を考えてみましょう。

なぜパサパサになってしまうのかというと

・混ぜ方が足りない

・卵の泡だてが足りない

・小麦粉のふるいが足りない

のが原因になってきます。

まず混ぜ方が足りないというのは

最後に粉を入れて混ぜる時にさっくりとしか混ぜないで焼いてしまうと

粉が残っていたりしてパサパサになってしまいます!

混ぜすぎてもダメですが、混ぜなさすぎるのもダメです!

粉っぽさがなくなるまで

ボウルの底からすくい上げるように混ぜてみてください。

卵の泡だてが足りないときめ細かくならないので

卵の混ぜる時はまず常温に戻してから泡立てると混ざります。

泡立てる時にまだ冷たいようでしたら温めながら泡だてみてください。

きちんと泡立ったサインは

持ち上げた時にゆっくり落ちて文字が書けるくらいになったらOKです。

粉のふるいですが、これも大事な作業になります!

粉は最低でも2回以上はふるってください。

そして入れる時にもふるいながら入れてください。

粉のダマをなくす事で混ぜた時にきちんと混ざります。

スポンジケーキをしっとりさせるためのコツとは?

スポンジケーキを作る時レシピに卵の泡だて方法で

共立てと別立てがあります。

共立ては全卵を泡だてて

別立ては卵黄と卵白別々に泡だてます。

しっとりとしたスポンジケーキを作りたい時は

共立ての方がいいです。

また砂糖を上白糖で作るとしっとり仕上がります。

スポンジケーキは1日寝かせることもしっとりさせるポイントです!

シロップを塗って寝かせるとさらにしっとりしたスポンジケーキになります。

シロップは18センチの型でグラニュー糖5gを熱湯5ccで溶かして10ccの洋酒を加えます。(洋酒は無くても大丈夫です)

洋酒無しの場合はフルーツ缶詰のシロップをそのまま使う方法もあります。

まとめ

スポンジケーキを作るのに大事なのは

卵の泡だて方、粉の混ぜ方、粉わ振るう回数で

出来上がりにかなり違いが出てきます。

卵は冷たいと混ざりが悪くなってしまうので

必ず常温に戻してあげる事が大切です。

あと泡立てる時に温めながら泡立てるときちんと混ざります。

粉わ混ぜる時は、混ぜすぎるのもいけませんが、

混ぜなさすぎてもダメです!粉っぽさがなくなるまで

底からすくい上げるようにきちんと混ぜてください。

粉を振るう回数も重要で

1回では全然足りないので

最低でも2回は振るいましょう。

最初から上手に出来ないかもしれませんが

このような事に気をつけながら作るとしっとりしたスポンジケーキが出来るでしょう。

あとは基本的な事ですが

使う用具は油気水気がついていないようにしましょう。

そして下準備は面倒くさいかもしれないですが

オーブンを温める、卵をあらかじめ出しておくなどしておくだけで

美味しいケーキが出来ます!

ちょっとした違いで出来上がりが変わるので是非試してみてください。

スポンサーリンク