秋の七草それぞれの特徴と簡単な覚え方

スポンサーリンク

春の七草は1月7日に七草粥を食べて1年の無病息災を祈り

お正月で疲れた胃腸を休めるためのものとして有名ですよね。

でも、秋の七草ってなかなか馴染みがないものなのではないでしょうか?

秋の七草は、食用ではなく、観賞用として楽しむものとされています。

秋の七草にはどんな種類の草花があるのか

またそれぞれの特徴や

簡単な覚え方を紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

秋の七草のそれぞれの特徴は?

秋の七草は、奈良時代に山上憶良が万葉集にある歌の中で選定したものです。

・萩(はぎ)

・尾花(おばな)

・葛花(くずはな)

・撫子(なでしこ)

・女郎花(おみなえし)

・藤袴(ふじばかま)

・朝貌(あさがお)

以上の七種類の草が秋の七草と言われています。

ちなみに、尾花(おばな)というのはススキのこと。

葛花(くずばな)というのは葛のことです。

朝貌(あさがお)というのは、みなさんがよく知る朝顔のことではなく「桔梗(ききょう)」のことであるとされています。

それぞれの特徴について解説していきます。

萩(はぎ)

マメ科の植物であり、7月~10月に開花します。

日本各地の山や野原で見ることができ、通常「萩」といえば「山萩」のことを指します。

枝や葉っぱは家畜の飼料や屋根ふき、ほうきの材料なんかにも使われているので、比較的現代でも身近な植物であると言えますね!

尾花(おばな)

ススキのことです。

イネ科の植物で7月~10月に開花。

ススキは今でも川や山、野原でよく見かけますよね!

お月見のときなんかにもお飾りとしてよく使用されます。

花の形がしっぽに似ていることから、昔は尾花と呼ばれていたようです。

葛花(くず)

マメ科の植物であり葛のことです。

7月~9月に開花します。

日本各地の山地や野原で見かけることができます。

他の木や草に絡みついて成長していく特徴があり、花は紫色です。

根からとれるデンプンは「葛湯」なんかに使われたり、葛の根は漢方である「葛根湯」としても用いられます。

そう考えると、非常に身近な植物ですよね!

撫子(なでしこ)

ナデシコ科の植物であり、6月~8月に開花します。

日当たりのいい山地や野原、河原などで見かけることがあります。

花弁が細かく裂けており、淡紅色の花が咲きます。

園芸用でもよく販売されており、とってもかわいらしい花です。

女郎花(おみなえし)

アミナエシ科の植物で、沖縄以外の日本各地の日当たりのよい山野に生えます。

8月~10月に開花し、茎の部分に黄色い小さな花がたくさん咲きます。

花にはちょっと独特のにおいがあり、漢方としても利用されています。

藤袴(ふじばかま)

キク科の植物で、河川敷や堤防などでみかけることがありますが、絶滅危惧種に指定されており、自然界で見かけることは難しくなってきています。

花の形が袴のような形をしているという特徴があります。

乾燥させるといい香りがします。

朝顔(あさがお)

桔梗のことでありキキョウ科の植物で7月~9月に開花します。

日本各地の山地や野原など日当たりのよいところに生えています。

これも絶滅危惧種に指定されているため、自然界で見つけることはなかなか難しいです。

茎の先に膨らんだような蕾が開き、星型の青紫色の花を咲かせます。

根は漢方薬としても利用されています。

秋の七草の特徴を頭にいれたら歌での覚え方とは?

春の七草は有名なので、なんとなくリズムで覚えている人も多いのではないでしょうか?

では、秋の七草はどうやって覚えたらいいのか、歌での覚え方を説明します!

秋の七草も、リズムにのって、短歌のように五・七・五・七・七のリズムで読んで覚えると簡単に覚えることができます。

ハギ・キキョウ / クズ・フジバカマ / オミナエシ /オバナ・ナデシコ / 秋の七草

リズムにのせて歌ったら、とっても覚えやすくなりましたよね!

また、秋の七草は歌もあるんですよ~!

♪秋の七草のうた

せいたかのっぽの おみなえし

はぎ、くず、ききよう、ふじばかま

かくれんぼうの なでしこさん

すすきがみんなを、よんでいる

あきのななくさ、うつくしい

いろとりどりに、うつくしい

スポンサーリンク

まとめ

あまり知られていない秋の七草ですが、覚え方や歌まであるんです。

秋の七草をすらすら~っと言えたら

みんなに驚かれること間違いなしですよね♪

秋の七草の特徴も覚えたら、野山を散策しても

今までとは違う風情を感じられるのではないでしょうか?!

スポンサーリンク