ロックアイス風の透明な氷の作り方とコツ

スポンサーリンク

お酒好きな方なら、バーなどでウイスキーや焼酎に入っている

透き通った透明な氷を見たことがあるでしょう。

ご自宅でもあのような透明な氷が作れたらかっこいいですね!

家がバーみたいになりひと味違う美味しいお酒が飲めそうですね!

でも、いざ作ってみようと思ってもうまくいかないことが多いです。

なぜうまくいかないのか不思議になりますよね?

どうしたらあの氷のように綺麗な透明になるのだろう?

どうしたら透明な氷を作れるのか考えていきましょう!

スポンサーリンク

ロックアイスと普通の氷の違いとは?

そもそもロックアイスと自宅で作る氷は違います!

どのように違うのか説明していきましょう。

まずは自宅で普通に作る氷は水道水を使いますよね?

水道水には分子元素のH2O以外にいろんな不純物が混ざっています。

そこには空気も含まれていて

その水を冷凍庫の製氷器で凍らせる時に

上下左右から均等に凍らせて行くので

水に含まれていた不純物などが中央に押しやられて

逃げ場を無くして真ん中に集まってしまうため

氷の真ん中がが白く濁ってしまうのです。

でもロックアイスはそうゆう不純物や空気が入っていないため

透明な綺麗な氷になるのです。

ではそうすればあのような綺麗な透明な氷が

自宅で出来るのか気になりますよね?

次にその作り方を紹介しましょう。

ロック氷の作り方とコツとは?

透明なロックアイスの作り方にいきましょう。

先ほども説明したように透明になるのは不純物が入っていないのです。

ではどうしたら不純物を取り除くことが出来るのでしょうか?

まずは使う水です。

出来るだけミネラル分のすくない軟水を使うことが大切です。

水道水で作るのであれば浄水器を使い不純物をできる限り取り除きます。

ミネラルウォーターの場合はミネラルの少ない軟水を使いましょう。

パッケージの成分表示の所に軟水と書いてあります。

次は水を沸騰させることです。

沸騰させることによって

水に含まれる不純物や空気を抜くことが出来ます。

そして粗熱をとってから製氷器に入れて凍らせていきます。

沸騰させることによって塩素も抜けるので

菌が繁殖しやすくなるので粗熱をとった水は早めに凍らせましょう。

そしてー4度からー10度くらいの温度でゆっくり凍らせていきます。

そうすることによって身の詰まった氷が出来上がります。

でもこの方法はほかの冷凍食品に影響が出てしまうので気をつけてください。

冷凍庫の温度はー20度なので

急速に凍ってしまうのでどうしても白く濁ってしまいます。

ではどうすればいいのだろうか?と思われるでしょう。

ゆっくり冷やす方法はあります。

氷の製氷器を直に置かないで割り箸や発泡スチロールなどを下において

下から直に冷えないようにする事でゆっくり凍っていきます。

他には沸騰した水を製氷器に入れて

ポリエチレンのビニールに入れてそれをタオルでくるんで冷やす方法です。

あとは途中で凍っていない部分を捨てることです。

水は不純物が少ないところから凍っていきます。

なので途中でまだ凍っていないところを捨てて

水を足して凍らせてみてください。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

バーで見かけるような透明な氷を作るには結構手間がかかります。

まず、水の不純物と空気を抜くために沸騰させることが重要です!

そして、ゆっくり冷やすことによって透明な氷に近づきます。

この方法でもお店やあバーで見る完全に透き通った氷を作るのは難しいです。

でも普通に水道水を製氷器で作る氷よりは透明になります。

なので、少し手間はかかりますが透明な氷を作って

自宅でもバー気分を味わってみてください。

スポンサーリンク