敬老の日を子どもに説明しよう!わかりやすい文例も

スポンサーリンク

敬老の日って、自分ではなんとなくお年寄りを敬う日だな~

なんて認識はあっても

子供に説明しようと思うとなんて説明したらいいかわからない

なんてことありませんか?

今回は、敬老の日を子供に説明するときに役に立つ敬老の日の由来や

文例について紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

敬老の日の由来は?子どもにわかりやすく説明するために

敬老の日の由来は?

敬老の日は、毎年9月の第3月曜日です。

敬老の日というのは、兵庫県多可郡野間谷村の村長と助役が

1947年に提唱した「としよりの日」が始まりだと言われています。

「老人を大切にし、お年寄りの知恵を借りて村づくりをしよう」という理由で

敬老会が開かれていたそうです。

農業も暇で、気候もいい9月にやろうということになって

最初は9月の15日に行っていた行事だったそうです。

これが、どんどん広がって1950年からは兵庫全体に。

その後全国にまで広まっていったんだとか。

そしてついに1966年には国民の休日として「敬老の日」が制定されることとなりました。

「としよりの日」が「敬老の日」になったのは

「としより」というのはあまりよろしくない表現だということから

「老人の日」に変わり、その後国民の休日として制定されるときに

「敬老の日」に変わったんだそうです。

お年寄りが頑張ってくれたからこそ

今私たちが暮らしている日本があるということで

お年寄りに敬意をこめて制定された日だったということですね。

もともとは9月15日だった「敬老の日」ですが

2001年の祝日法改正に伴い2003年から9月の第3月曜日に変わりました。

敬老の日をお祝いするのは何歳から?

敬老の日をお祝いする老人の年齢というのは「65歳以上」と定められています。

敬老の日って何歳からお祝いすればいいんだろう?

老人って言われるのが嫌な人もいるかも。

なんて不安に思うこともありますよね。

でもきちんとこうやって定められているのであれば

自信をもってお祝いすることができますね。

敬老の日には何をする?

敬老の日には、老人に感謝の気持ちを伝えて

プレゼントをしたり食事をごちそうしたりするのが一般的なのではないでしょうか?

敬老会では歌を歌ったり、一芸披露したりすることもありますよね。

老人に感謝の気持ちを伝え、楽しんでもらえるようなことをすれば

喜んでもらえること間違いなしです!

敬老の日を子どもに説明するときのわかりやすい文例

敬老の日について子供に分かりやすく説明するときは

どんな風に伝えたらいいのでしょう?

分かりやすくこんな風に伝えてみてください。

親:「敬老の日」ってどんなことをする日か知ってる?

子供:知らないー

親:「敬老の日」っていうのは、おじいちゃんやおばあちゃんにありがとうを伝える日なんだよ」

子供:なんでありがとうって言わないといけないの?

親:おじいちゃんやおばあちゃんは、ママやパパが生まれる前からずっと一生懸命はたらいて、みんなが暮らしやすいようにしてきてくれてるんだよ。

昔は、小さい村で「おじいちゃんやおばあちゃんにありがとうを伝える会」が開かれていたんだけど、それはすごく素晴らしいことだから、みーんなそういう会を開いたらいいんじゃない?ってなったの。

子供:うんうん!

親:おじいちゃんやおばあちゃんすごいよね?

子供:すごーい!

親:じゃあ、一緒におじいちゃんやおばあちゃんに「ありがとう」を伝えようか?

子供:うんー!伝える!

親:じゃあ「ありがとう」を伝えるために一緒にプレゼントも作ろう♪

こんな感じで分かりやすく子供に説明してみると

伝わりやすいのではないでしょうか?

スポンサーリンク

まとめ

「敬老の日」いざどんなことをする日かって

説明しようと思うとなかなかパッと思いつきませんよね!

自分が「敬老の日」がどんな日なのかを理解した上で説明すれば

子供にもきちんと伝わると思います。

なぜ「ありがとう」を伝えるのかを子供にもしっかりわかってもらえるといいですね!

スポンサーリンク