里芋の皮むきで赤い部分の謎!食べられる?正体は?

スポンサーリンク

里芋を調理しようと思って皮むきしたら

謎の赤い部分が出てきたことありませんか?

皮むきしたら白いものばかりだと思ってたら

突然赤くなっていたらびっくりしますよね。

この謎の赤い部分・・・一体何なんでしょうか?

食べられるのか捨てたほうが良いのかもわからず不安ですよね。

今回は、里芋の皮むきをしたときに出てくる赤い部分の謎に

迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

里芋を皮むきしたら赤い部分が…!その正体は?

里芋の皮むきをしたときに出てくる赤い部分の正体は

実はアントシアニン系の色素です。

実はほとんどの食材には色素が含まれていて

赤かったり緑色だったり色々あるんです。

里芋にはアクにポリフェノールの一種である

アントシアニンが含まれていて

皮むきしたときに出てくる赤い部分は

そのアントシアニンが酸化したものだったんです。

ポリフェノールと聞くと、そんなに悪いイメージはありませんよね。

ですから、食べても特に害はないんです。

しかし、赤い部分があるということは

鮮度が落ちているということも考えられます。

また、冷蔵保存していると低温障害で赤くなってしまうことも。

里芋は低温に弱く、冷蔵保存よりも常温保存のほうが適しているので

冷蔵保存して赤い部分ができてしまっている里芋は

若干傷んでいると考えたほうが良いかもしれませんね。

食べても問題はありませんが、気になる場合は

赤い部分を切り落として食べるといいでしょう。

また、赤い斑点がポツポツしている程度なら

食べても食感が悪いぐらいかもしれませんが

切り口全体が真っ赤になるほど赤くなっている場合は

食べないことをおすすめします。

あまりにも鮮度が落ちているものを

積極的に食べないほうが良いですからね。

里芋の皮むきは赤以外に緑の部分も?危険?

また、赤い色をしている以外にも

里芋の皮むきをすると緑色の部分が出てきて驚くこともあります。

よく、じゃがいもの緑化した部分は毒があるから

食べないほうが良いという話を聞きますよね。

じゃあこの里芋の緑色の部分も毒なの?

食べないほうが良いのかな?

と思うかもしれませんが

里芋の場合は毒ではありません。

里芋は、言うなれば実や根ではなく「茎」に当たる部分になります。

地中に埋まっているときは白いですが

掘り出して日光にあたったり明るいところに置いておくと

葉緑素が増えて緑色になってしまうんだとか。

そうして、茎や葉になっていくんです。

ということで、食べても毒ではないので特に問題がないとのこと。

ただ、気をつけなければいけないのが

里芋の茎には多くの「シュウ酸カルシウム」が作られているんだとか。

シュウ酸カルシウムというのは、里芋のえぐみの元となるものです。

緑色になってしまった里芋は

そのまま放置しておくと茎として成長していきます。

緑色になっているということは

それだけシュウ酸カルシウムが増えているということ。

ということは、食べてもえぐみが強いということになりますよね。

えぐみがあると、食べても口の周りやのどが

チクチクしたりイガイガしたりして、不快になりますよね・・・。

せっかく食べる里芋、変色してしまった部分も食べても問題ないからと言って

美味しくなかったらもったいないですよね。

緑色になってしまった部分は、切り落として食べて方が

美味しく里芋を食べられると思いますよ☆

スポンサーリンク

まとめ

里芋を切ると変色していることがよくあります。

里芋って、冷蔵保存するとよくないんですね!

里芋ってもともとぬめぬめしているので

腐っているかどうかっていうのが分かりにくいなーと思っていましたが

変色で見分ける事ができるということが分かりました。

野菜はついつい野菜室に入れてしまいがちですが

せっかくの新鮮な里芋が冷蔵庫に入れることで

傷んでしまってはもったいないです!

変色した部分も食べても問題ないとは言っても

傷んで美味しくないと嫌ですもんね。

新鮮な里芋を選び、正しい保存方法で、おいしい里芋を調理したいですね♪

スポンサーリンク