冷え性でも寝る時に靴下ははかない方がいい説の真相

スポンサーリンク

冷え性で足が冷えて眠れないと悩んでいる方も多いと思います。

冷えるから、寝る時に靴下を履いている人もいるのではないでしょうか?

でも実は

冷え性の人が寝る時に靴下を履かない方が良い!

という説があるのご存知ですか?

今回は、冷え性の人が寝る時に靴下をはかない方がいい説の

真相に迫っていきたいと思います!

スポンサーリンク

冷え性で足が冷えても寝る時に靴下はよくない?いい?

実は私達が寝る時に足が冷たくなるというのは

自然なことなんです。

人は眠る時に体温を下げて

眠りにつきやすくなるという働きがあります。

日中活動しているときは体温を上げて活動していますが

眠る時は体温を下げて体を落ち着かせて眠るからです。

心臓の動きはゆっくりとなり、体に送り出す血液量も減少します。

そうすると、心臓から一番遠い場所にある足というのは

必然的に冷たくなりやすいということです。

自然に冷たくなる足を、冷え性で足が冷えるからといって

靴下を履いてしまうと、眠りにつく時の体温調節が

できなくなってしまうこともあるのです。

さらに、靴下を履いて寝ることで足が温まって汗をかいて

逆に寝ている間に足を冷やしてしまう原因になってしまうことも。

寝ている間って靴下を取り替えることもできないですいよね。

そうすると冷え性を悪化させてしまうことにもなりかねません。

また、締め付けの強い靴下を履くことで

足が締め付けられて足の血流が悪くなり

かえって足を冷やしてしまうことも。

靴下を脱いだ時に、靴下の跡がなかなかとれないようであれば

締め付けすぎですので注意しましょう。

足が冷えるからと言って

寝ているときに靴下を履くのは必ずしもいい

というわけではないようですね!

冷え性で靴下をはくのは逆効果?寝る時の対策は?

冷え性で靴下を履くのは、逆効果で

かえって足を冷やしてしまう原因となってしまう可能性が

あるということが分かりました。

それでは、冷え性で足が冷えてしまう人のために

寝る時の対策方法を紹介したいと思います。

足が冷えて眠れないから靴下を履いて寝たい!という人は

吸放湿性の高い化学繊維の素材の靴下は避けるようにしましょう。

化学繊維は汗を吸収してくれないので

靴下の中で汗が溜まってその汗が冷えて

足を冷やす原因となってしまいます。

寝る時には、シルクやコットンのような

吸放湿性の良い素材の靴下を履くようにしましょう。

また、就寝用の着圧効果のある靴下もよく売られていますよね。

足のむくみをとりたい人なんかが履いて寝るものです。

冷え性の人は、着圧性の高い靴下を履くことで

足の血行不良を招いてしまうこともありますので

避けるようにしましょう。

冷え性の人は、逆に大きめのサイズの靴下を履くのがオススメです。

寝る時に靴下を履いて寝ると

自分の力で体温を調節することができなくなってしまう場合もあります。

できるだけ、寝る時に靴下を履くのは避けたほうがいいですね!

お風呂上がりに冷えないように

寝るまでの間靴下を履いておくというのは問題ありません(^o^)

また、冷え性の人は足首を温めるのも効果的なので

レッグウォーマーを着用するのも効果的ですね♪

スポンサーリンク

まとめ

冷え性の人が足が冷えて眠れないという人は

靴下の履き方に注意することが大切ですね!

靴下の素材や、締め付けの強くないものを選んで

状況に応じて靴下を着用するようにしましょう。

自分の力で体温調節ができなくなってしまうと言われるとちょっと怖いですよね。

できれば、靴下は着用せずに眠れるようになりたいものです。

寒い時なんかは特に足先はすぐに冷えてしまいます。

お風呂に長く浸かったりして、体をしっかりと温めて

寝るまでに足を冷やさないように気をつけましょう!

スポンサーリンク