冷え性だけど仕事でパンプスでつらい!対策アレコレ

スポンサーリンク

冷え性で悩んでいる女性の方って多いですよね!

できれば足は冷やしたくないもの。

でも、仕事でどうしても冷え性でも

パンプスを履かないといけない!

という人も多いのではないでしょうか?

仕事で仕方ないとは言っても、足が冷えて仕方ない、辛い。

皆さんどうやってこのつらい状況を乗り切っているんでしょうか?

今回は、冷え性だけど仕事ではパンプスを履かないといけない人のための対策

色々紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク

冷え性だけど冬はパンプスでつらい!対策やグッズは?

冷え性だから、冬は足はできるだけ温めておきたいもの。

でも、仕事でどーしてもパンプスを履かないといけない時は

いったいどうしたらいいんでしょうか?

対策やグッズはあるのかご紹介します!

履き替える

仕事でパンプスを履かないといけないという人は

通勤時はブーツを履いて、会社にいったらパンプスに履き替えるのがオススメ。

単純な方法ですが、やっぱり冬は通勤が寒いですよね!

背に腹は変えられません。

会社にパンプスを常備しておいて、会社についたら履き替えましょう。

タイツを二重に履く

仕事で生足はNGだと思いますので

ストッキングを履いたりしますよね!

でも寒い・・・。

そんな時は、薄手のストッキングを

二枚重ねて履くと少しは冷え対策になります。

また、パンプスに足が入るギリギリの厚さまでの

ストッキングやタイツを選ぶのもいいですね。

とにかく、厚さで対策です!

パンプス用の靴下を履く

ストッキングを履いて、その上からパンプス用の靴下を履きましょう。

とにかく足先を冷やしたくない人にオススメ。

パンプス用の靴下なら、パンプスを履いても見えないので気になりません。

5本指の足先カバーを付ける

こんなグッズもあります。

5本指の足先カバー!

重ね履きもできるし、5本指で冷え性にも最適!

足先がぽかぽかあったかです。

防寒インソール

足が寒い人のために、防寒インソールという商品もあるんです!

動くことで熱をチャージし、ポカポカ温かな足先を維持することができます。

長時間寒さに耐えられるように、登山家なんかも愛用しているようです。

1組で1~2週間効果が持続するので、コスパも抜群で嬉しいですね!

冷え性でパンプスがつらい!食事のおすすめは?

冷え性でもパンプスを履かないといけないつらさ。

それに耐えるには、食事で体を温めるのも重要です!

足先を冷やさないためにはどんな食事をとればいいのでしょうか?

食事を十分に摂る

まずは食事の量が重要です。

現代人はダイエットをしたりして

食事が十分に摂れていない人も多いです。

食事量が足りていない人は、体を温める熱を十分に作り出せないので

血の巡りが身体の末端である足先まで行き渡らないということも。

それが結果的に足を冷やしてしまう原因になってしまうんですね。

パンプスで足先が冷えて、さらに食事不足で足が冷えていたら

足が冷える負のループに陥ってしまいます。

身体を温めるためには、まずは食事を十分に摂るようにしましょう。

きのこを食べる

冷えの改善には、きのこを食べるのが有効的です。

きのこは秋から冬にかけて出回る食材で

オルニチンという成分が含まれています。

オルニチンは代謝をアップさせてくれるので

血行をよくして身体を温めてくれる効果があります。

タンパク質を摂る

タンパク質は、身体を作る材料となる重要な栄養素です。

タンパク質をしっかりと摂ることで、血液量が増え

血行がよくなり、体温を上げることに繋がります。

肉や魚、大豆製品や乳製品、卵などを積極的に摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

寒い冬に仕事だからといってパンプスを履かないといけないって

結構ツライものがありますよね・・・。

でも、足先を温めるグッズってたくさんあるんですね!

これらのグッズを活用して、足先が冷えないようにしっかりと対策していきたいですね!

スポンサーリンク