これは知っときたい!新嘗祭とハロウィンの不思議な関係

スポンサーリンク

ハロウィンと言えば、10月31日にかぼちゃを飾ったりして

みんなで「トリックオアトリート!」「ハッピーハロウィーン!」

などと言って仮装をしたりしながら楽しむイベントのひとつとして

日本でも定着してきていますよね。

このハロウィンという行事、本来はどういった意味合いがあって

行われているイベントなのか知っていますか?

現代ではハロウィンとして親しまれていますが

日本にも同じような意味を持った「新嘗祭」

という行事があるのを知っていますか?

今回は、ハロウィンと新嘗祭の関係

コレも気になる勤労感謝の日との関係についてもひも解いていきます。

スポンサーリンク

新嘗祭とハロウィンは似ている!?共通点は?

新嘗祭とハロウィンの気になる意味について調べてみました!

新嘗祭とは?

新嘗祭というのは、稲の収獲を祝って

翌年も豊穣でありますようにと祈願する古くからの祭儀のひとつです。

「しんじょうさい」や「にいなめのまつり」「にいなめさい」などと呼ばれ

毎年11月23日になると天皇陛下が神々に豊作の感謝された後に

陛下自らもお召し上がりになられるという儀式です。

収穫物は米をはじめとする五穀(稲、麦、栗、大豆、小豆等)が納められます。

宮中恒例祭典の中でも最も重要なものとされています。

全国各地の神社各社でも、新嘗祭を執り行っているところが多いです。

ハロウィンとは

ハロウィンというのは、キリスト教の祝日「万聖節」の前夜のお祭りであり

毎年10月31日に行われている古代ケルト人が起源と考えられているお祭りのことです。

ケルト人の1年の終わりは10月31日だったんです。

古代ケルト人が収獲を祝うためのお祭りであり

収獲の季節が終わると、暗い冬の季節が始まり

魔女やオバケが訪れやすくなると信じていた当時の人々が

それらを追い払うためのお祭りでもありました。

仮装をしたりカボチャに明かりをつけたりするのも

魔女やオバケから身を守り追い払うために行われていたことから始まったようです。

そして、もともとはカボチャではなくカブをくり抜いて

中に火を灯していたようなのですが

ヨーロッパからアメリカに人々が移住していくときに

カブではなくかぼちゃがよく使われるようになっていったということです。

アメリカでは、かぼちゃが多く収穫されていたようですね!

その土地で、その時期に多く収獲されている作物を飾るということなのでしょうね!

新嘗祭とハロウィンと勤労感謝の日の関係は?

新嘗祭の行われる11月23日と言えば世間では

「勤労感謝の日」として祝日にもなっていますよね。

勤労感謝の日といえば、会社で働いている人など

「勤労している人に感謝をする日」と思われがちですが

実はこれは間違いなんです。

勤労感謝の日において国民の祝日に関する法律では

「勤労を尊び、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」と規定されています。

実は、もともと勤労感謝の日というのは、戦中までは「新嘗祭」のことでした。

新嘗祭は先に説明したように、秋の収獲に感謝し、翌年の豊穣を祈る祭典のことでしたよね。

それが、明治時代になり天皇主権になってから、国民の祝日に制定されたんです。

しかし、第二次世界大戦が終わり、日本を占領したGHQは

皇室が関わる行事は、天皇のもとに日本人が再び一致団結することに繋がるとして

やめさせたいと思っていました。

そこで、GHQは、アメリカの祝日であるLabor Day(労働者の日)と

Thanks Giving Day(感謝祭)を合わせた

Labor Thanksgiving Dayを提案したのです。

勤労感謝の日というのは、勤労を尊びながら

生産を祝い感謝する日の2つの意味を持つようになったんですね。

GHQが提案した行事であるため

アメリカのハロウィンとも関係性があるということなんですね~!

勤労感謝の日とハロウィンなんてまるで関係ないと思っていたのに

ここで関係してくるというわけですね!

スポンサーリンク

まとめ

日本の「新嘗祭」と「勤労感謝の日」、外国の「ハロウィン」

全く関係ないのかと思っていましたが

実は深く関わり合っているということが分かりましたね!

秋は、どこの国でも収獲に感謝し、祈る季節ということですね(*^^*)

秋の収獲に感謝して、秋の味覚を味わうようにしたいですね!

スポンサーリンク