みんなはどうしてる?つわりでしんどい!仕事がつらい!

スポンサーリンク

初めての妊娠は嬉しいけれど
色々な事が心配になりますよね。

その中で、最初に来る不安はつわりです。

早くて5週目から6週間あたりで始まり
12周目から16週目あたりまで続き
徐々に落ち着いてきます。

ひとそれぞれ、つわりの感じが違うので
辛い人も居れば楽な人もいます。

仕事をしていると
つわりが辛いと仕事が進まなかったり

仕事を代わってもらわないといけなかったりで
気をつかってしまって
それだけでも疲れてしまいますよね。

みんなに負担をかけてしまうなどの気持ちで
後ろめたくもなります

そのような中
どんな事をして乗り越えているのでしょうか?

スポンサーリンク

つわりでしんどい!仕事ではどんな対策をしている?

つわりが辛いと正直仕事に行くのも嫌になりますよね!

でも、仕事が好き、やりがいがある人
その先の事を考えて復帰する予定があるのであれば
辞めるわけにはいきませんよね?

でも、辛くてどうしようもない時は
我慢してはいけません。

もしもの事があっても誰も責任は取ってくれません。

ですから自分の身は自分で守ることが大事です。

においへの対策

つわり中は、においがダメな人が多いと思います。

わたしもコンビニ入って
「おでん」のにおいをかいだだけで
吐いてしまったことも…( 一一)

妊娠中は今までになく
色々なにおいに敏感になる事もあるので

においの事が少しでも軽くできるように
マスクをつけておくのがオススメです。

完全にシャットアウトはできないですが
気分的にも少しは緩和できるでしょう。

冬場だと風邪予防にもなります。

他には空腹になると気持ち悪くなる事もあるので
飴やガムなどすぐ食べられるものを用意
しておくといいでしょう。
柑橘系やミントの味はリフレッシュ効果もあるので
お腹も満たされ気分も良くなるます。

気分が悪くなる前に休憩を多めにとる

定期的に休憩をして
リフレッシュするのもおすすめです。

妊娠中はつわり以外にも
眠気やだるさなど色んな症状が出てきます。

それとうまく付き合う為にもリフレッシュは必要。

今までとは体調が違うので
仕事の進み方も変わります。

今まで通りに仕事が進まない事で
ストレスも溜まるでしょう。

ストレスを溜めると体にも負担がかかり
つわりも悪化してしまいます。

ですから、デスクワークなら席を外して違う所に行き
息抜きをするとスッキリして楽になります。

つわりでしんどい!仕事行けないけど休むのはダメ?

つわりで仕事に行けないのを
申し訳なく思う方は多いです。

ですが
妊娠中は仕方のない事だと思いましょう。

妊娠は病気ではないといいます。
病気ではないですが
命にかかわる大切なことです。

わたしも無理をしすぎて
出血してしまったことがあり
反省しました。

無理をしすぎて、何かがあった場合
逆に職場に負い目をかぶせることにも
なりかねません。

ですから、すぱっと休んだ方が
かえって職場に迷惑がかからないと
考えることもできます。

つわりにもさまざまな症状があるので
においがダメな人や気持ち悪くて
吐き気や嘔吐してしまう人いろんな人がいます。

つわりが酷いのに、仕事を休まないのは体にも悪いです。

労働基準法では
産前産後休業(産休)と育児休業(育休)は定められています。

でもつわりに対する休暇はありません。

つわりが酷くてどうしょうも無い時は無理をせず
自分自身の判断で風邪でお休みする基準と
同じ感覚で休みましょう。

1日2日なら有給休暇扱いか欠勤扱いになるでしょう。
でも職場によっては1週間以上休むとなると
診断書が必要になる事もあります。

その為にも会社の就業規則やルールを
把握しておくといいでしょう。

そして、妊娠がわかったら早めに
会社と仕事仲間に報告しましょう。

つわりがどんな状況になるのかわからないので
あらかじめ話しておけば、もし辛くて休みたいという時に
すぐ対応してもらえるように環境を整えておくと
自分も周りの人も助かります。

もしも
仕事が忙しくて休みが取りにくい環境でしたら
「母性健康管理指導事項連絡カード(母健連絡カード)」
産婦人科の先生に状況を説明して
記入してもらい会社に提出してください。

これは労働基準法が定めてる
妊婦さんの就労緩和の為のカードなので
休みを取ったら辞めさせられるのでは?
と思われる方はぜひ使いましょう。

スポンサーリンク

まとめ

妊娠がわかったらこれからの事を考えましょう。

妊娠が分かると嬉しい気持ちと
不安な気持ちになるのは誰でもいっしょです。

そしてすぐつわりの症状が出てきます。

その症状も人それぞれ毎回違います。

妊娠中の身体はとてもデリケートなので
その中でもつわりの期間は
流産しやすい時期でもあるのでとても大事な期間です。

だから、無理をしないようにしなくてはなりません。

その為にも会社に早めに妊娠報告をして
周りの人たちにも協力してもらい
うまくつわりを乗り越えましょう。

つわりは一定期間だけなので
その期間中は「仕方ない事!」と
割り切って仕事をした方が良いです。

申し訳ないとか迷惑かけているのでは?
と思うのも無理は無いです。

でも、それがストレスにもなります。

家族の人たちと相談して
仕事を辞めることもひとつの選択肢なのかも知れません。

でも、産休、育休があるので
辞めないで仕事を続けたいと思うのが普通の考えでしょう。

産後落ち着いたら
復帰できる職場があるのですから。

そうなるとやはりつわりと上手く付き合っていく事が
重要ですよね。

人それぞれ、つわりの緩和の仕方も様々です。
ここに書いた事も試してみながら
自分に合った緩和方法を探してみましょう。

授かった大切な命
仕事とうまく付き合い
より良いマタニティライフになるといいですね。

スポンサーリンク