シールに使うのりには何がいいの?超簡単!手作りシールを作ろう

スポンサーリンク

最近、手作りシールって流行っていませんか?

その人気も手伝ってか、シールに使うのりも
ずいぶん進化してきています。

そこで今回は…

シールの手作りについてのあれこれを
見ていきたいと思います。

特に、シールに使うのりについて調べてみました。

スポンサーリンク

シールに使うのりにおすすめのもの

貼ったり剥がしたりする場合は?

ペーパーボンドがおすすめ!

剥がさない前提ならもっと違うのりもあります。

とにかく、シールとして貼るという一点で、

次の項では、種類別にご紹介したいと思います。

シールにのりをのせて簡単シールをつくっちゃおう!

シールに使えるのりの種類を
実際に上げながら説明していきます。

まず、簡単に分かるなら4種類になります。

それぞれの特徴は

・テープのり

・液体のり

・固形のり

・スプレーのり

です。

貼れるだけでなく、剥がしやすさを強調している商品も
出てきています。

それでは、この4種類の具体的な商品を
紹介してみたいと思います。

◆テープのり系

いわゆる一昔前で言う、両面テープがこの種類になります。

郵便物を綴じる用のテープのりも便利だと思います。

コクヨ テープのり ドットライナー しっかり貼るタイプ つめ替え用 

8.4mm×16m タ-D400-08 1セット(10個)

コクヨから発売されているテープのりで、粘着力の高いものがこの商品です。

貼ってすぐにはがせるのがポイント!

https://item.rakuten.co.jp/p-tano/919-7688/

カウネット テープのり(使いきり) 8m    

使い切りタイプテープのりです。補充はできません。

https://item.rakuten.co.jp/kaumall/42332237/

ニチバン ナイスタック両面テープ5mm×20m 2巻

テープのりとしては先に出ていた、両面テープと言われるタイプです。

まだまだ用途はたくさんあります。

https://item.rakuten.co.jp/kaumall/51326883/

テープのり3商品をご紹介させていただきました。

◆液体のり系

続いては定番の液体系ののりです。

PUMA<プーマ> 液体のり [2017年度新入学文具] pm120 [Jitsu160629A]

あのプーマからデザインもかっこ良く、のりが発売されました。

のり自体はオーソドックスなのりになります。

https://item.rakuten.co.jp/bunbougu-shibuya/4901478130083-ktu/

トンボ鉛筆 液体のり アクアピット 本体 50ml PT-WT 1個

ちょっと出しが可能な細塗り口と、太塗り口もあって、

細かいところもしっかり塗りたいところも両方できて便利です。

https://item.rakuten.co.jp/p-tano/016-8205/

液体のりの系統には、ボンドなんかもありますし瞬間接着剤なんかもあります。

◆固形のり系

続いては、液体よりあとで、テープより先にできた固形のりの系統を見ていきます。

スティック糊消えいろピットS 5本パック HCA-513 ■接着■固形のり■トンボ鉛筆

オーソドックスなスティックのりと言われるタイプです。

のりが青色なので、塗ったところが一目で分かるようになっています。

https://item.rakuten.co.jp/bungushop/4901991052404/

ヤマト/スティックのり 固形アラビック 10g/YS-8

一番シンプルなスティックのりです。

色も白なので目立たないように貼れます。一つは持っていたいのりです。

https://item.rakuten.co.jp/cocodecow/752665/

ドロッとでないのが使いやすいです。

◆スプレーのり系

3Mジャパン

3M スプレーのり55 S/N 55

大きな紙を貼る場合に便利な、スプレーのりです。

ポスターや掲示物なんかを貼るにはいいかもしれません。

https://item.rakuten.co.jp/biccamera/4901690000287/

◆その他ののり

高温 グルーガン 高品質!おすすめ スティック3本付き

ミニ フローリスト プロ仕様 高温タイプ

最近流行のDIYでおなじみの、グルーガンです。

溶かして使うのりなので、液体と言えば液体ですがとても使いやすいので、

ぜひ一つあるとありがたいですね。

https://item.rakuten.co.jp/weddingitem/ringpillow0915/

他にも探せばいろんなのりがありますので
ぜひ一度検索してみて下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

シールに使うのりというだけでも様々ありました。

貼れるだけでなく、貼り直しできたり
剥がしやすく跡が残らないなど。

自分なりに使いやすいのりを選んでみてくださいね。

スポンサーリンク