必見!安全ピンの子供へのやさしい教え方

スポンサーリンク

小学一年生に上がると
子供は自分で身支度をしなければなりませんよね。

そこでネックになってくるのが、名札付け。

小学生になったばかりの子供は
安全ピンを自分でつけたり外したりするのが
まだ難しいのです。

・安全ピンの針の先でケガをしてしまわないか心配…。

・でも自分でできるようになって欲しい
(自分でできるようになるとお母さんも楽ですよね!)

・小学生の子供に、どうやって安全ピンの付け方を教えてあげたらいいの?

・安全ピンを子どもでもはずせる便利グッズは?

そんな小学生のお子さんをもつお母さんのための疑問を解消します。

スポンサーリンク

安全ピンのつけ外しを子供におしえるポイントとは?

安全ピンは、針がついているので
小学生にあがるまでは
子供に自分で触らせないようにしていたものの
ひとつなんじゃないでしょうか?

ところが、小学生になると
自分で名札をつけなければならない…。

どうしても今まで危険だと思ってきた安全ピンに
挑戦させなければならない時がやってきちゃうんですよね。

安全ピンの付け外しに慣れていない子供に
どうやって扱い方を教えたらいいのか
どんな点に気を付けたらいいのか迷ってしまいますが…

安全ピンを使うときには
子供に次のようなことに注意するように教えましょう。

・針を相手や自分に向けると危険

・ピンのとがっていないところをつまむように持つようにする。

・服から名札を外したら、安全ピンの針をきちんとしまう。

このように、とにかく安全ピンの針に
最善の注意を払うように教え込みましょう。

また子どもに教えるときのコツですが

大人に教えるときの8倍遅く

動作をゆっくりじっくり見せる

を心がけるとよいです。

というのは、子供は「見て学ぶ発達段階」にあり

見せれば、大人よりもずっとスムーズに

物事を習得することができます。

見せるときには

・安全ピンの、どこを触れば、針で指を突かずに済むのか。

・つまむ動作や、親指で押す動作

などポイントを教えてあげましょう。

この他に、バネのやわらかい安全ピン、大きめの安全ピン
を使うのもオススメです。
そうすると子供でも付け外しがしやすいですね。

最初は安全ピンの取り扱い方法がわからず
戸惑ってしまう子供もいるかと思いますが、大丈夫です。

毎日やれば絶対にできるようになります。

最初のうちは、子供がケガをしてしまうという
多少の覚悟も必要なのです。

ケガをしてしまっても、それも経験になります。
子供には、何にでも挑戦させてあげてくださいね。

安全ピンを子供でもすぐにはずせるグッズもあり!

安全ピンは針ですので、とても危険なものです。

あまり危険なものを子供に触らせたくないなぁ
というお母さんの声から
子供でもすぐにはずせるグッズも出ていますよ。

開かずピンちゃん

安全ピンのかわりに、名札に服をとめるための製品です。

↑めずらしくメール便対応でレビューも多いお店。

・服に穴があかない
・名札を回転させて裏返すことができる
・直接安全ピンを触らないので、小さい子供でも危なくない

という特徴があります。

この開かずピンちゃんに
安全ピンを取り付けて
開かずピンちゃん自体は服にはさみつけるといった商品ですね。

服に穴も開かないし
取り外しも簡単にできるので一石二鳥です!

デザインもたくさんありますが
学校によっては禁止されているところもあるみたいなので
確認してから使用するようにしてくださいね。

キッズクリップ

これも、服に穴をあけないために、名札をクリップにかえて
服にはさみつける仕組みになっています。

ハートはうちの娘も「欲しい!」と大騒ぎでした。
ここのお店は送料無料なのに安いのがいいなー。

息子には星が好評。男の子って星が好きですよねなぜか( 一一)
ここも送料無料だしレビューも多かった。

レビューをみると小学生の子でも
簡単に取り外しができました!と書いてあり
評価も高かったので、使い心地も良さそうです。

開かずピンちゃんと同じような仕組みになっていますが
こちらのほうがデザインが少し小さめです。

これも、エンブレムやボタン型など
たくさん種類があります。
お子さんが名札を付けるのが楽しくなりますね。

なふだっこ

こちらも名札で服を開けないようにするのが目的ですが

服の裏からボタンをあてて、

そこに本体を取り付けるという仕組みになっています。

↑ここもメール便対応でレビューが多い

ひっぱってもすぐに外れるようになっているので
服も傷めず便利ですね!

登下校時には、名札を裏返すことができ
防犯にも役立ちます。

開かずピンちゃんよりも簡単につけられるようです。

まとめ

小学生になったとはいえ、まだまだ小さい子供に
安全ピンを扱わせるのは少し怖いですよね。

それでも、練習すれば、いつかは自分でできるようになります!

多少のケガも覚悟で
針は危ないことをきちんと教えて
一緒に練習してあげてくださいね。

小さい子でも自分で取り外しができるように
様々なグッズも出ています。

うまく組み合わせて
上手に安全ピンを使えるようにしてあげましょう。

こちらの記事もオススメ

一年生になって名札をつけたら服が穴だらけに!どうやって防ぐ?

スポンサーリンク