溶けたプラスチックの取り方!どうしたらいい?

スポンサーリンク

うっかりオーブンにプラスチックをいれてしまったり
電子レンジでの加熱をしすぎてとけてしまったり。

他にも様々な原因で
プラスチックを溶かしてしまった事はありませんか?

そんなときに気になるのが、取り方と匂いの害。

どうしたらきれいにとれるのでしょうか?
また、匂いに害はあるのでしょうか?

スポンサーリンク

溶けたプラスチックの取り方。きれいにする方法は?

どうやってとるのがいいのでしょうか?

どうすればきれいになるのでしょうか?

いろんな方法があるんですよ(^^♪

冷めるまで待つ!

溶けてしまったプラスチックは
慌ててひっぱり出すとビローンと伸びてしまいます。

また、慌ててキッチンペーパーなどで除去しようとすると
溶けたプラスチックが薄く
フィルム状になって残ってしまいます。

なので、まずは
「冷めるのを待つ」のが鉄則です!

マイナスドライバーを使う。

「冷めるのを待つ」

そのあとプラスチックが固まります。

固まったらマイナスドライバーなどを
使う手段があります。

といっても、ガリガリ削るのではなく
冷え固まったプラスチックの下に差し込み
テコの原理を使って剥がしましょう!

また、ドライバーの先端を
冷え固まったプラスチックに当てながら
反対を叩いて剥がす事も可能です。

オイルを使う!

オイルを塗って
冷え固まったプラスチックを再加熱しましょう!

加熱のしすぎには要注意です。

オイルを塗って再加熱(溶かす)事によって
オイルにプラスチックが溶け出します。

そして、オイルは固まらないので
冷めてから拭き取る事も可能です。

焼ききる!

うーん…私には荒業としか思えない…。

取れるだけ拭き取ってから
食品を入れずにカラ焼きすると焼ききれるとか。

真偽のほどは定かではありません…。

また、低温で焼くと
ダイオキシンなどが発生してしまう可能性もありますので
あまりおすすめはできません。

お湯につける!

お湯につけて、スプーンなどでこそぎとる方法も!

この方法ができるのは
小さめのものだったりお鍋だったり。

限られてしまいますが
プラスチックはお湯につけると柔らかくなるので
試してみる価値はありそうですね!

プラスチックの種類にもよりますが
70~80度ぐらいではないでしょうか?

この方法をお試しする際には、火傷に要注意です!

溶剤を使う!

シンナーやトルエンなど
ビニールを溶かす溶剤を使ってみる…最後の手段ですね。

こちらは塗料屋などで聞いてみても良いかと思います。

溶剤を使ったあとは
洗剤できれいにするのを忘れずに!

こういった溶剤を使うときには、使用方法をしっかりと守りましょう!

スクレーパーを使う!

冷え固まったプラスチックを
削り取る方法ですね!

スクレーパーと聞いても想像しにくい方もいらっしゃるかと思います。

ざっくり言うと、錆やペンキなどを落とす工具です。

あとは町中などで
お掃除のスタッフがこびりついたガムを
剥がすのにも使っているアイテムです。

サイズが様々あるようなので、ご購入の際にはご注意下さい。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

スクレーパー ワイド
価格:108円(税込、送料別) (2018/3/12時点)

スクレイパーとはこういったものです。

皆様、いろいろな方法で
溶けたプラスチックを除去しているようですね。

試す際には、安全最優先でお願いいたします。

メーカに問い合わせて対応を仰ぐと
失敗しないかもしれませんね。

スポンサーリンク

溶けたプラスチック 匂いに害はあるかが気になる!

プラスチックが溶けてしまったときに
もう1つ気になるのが匂いです。

プラスチックの溶けた匂いに害はあるのでしょうか?

プラスチック樹脂は種類によって構成分子が違うので
加熱したときにどれも同じ成分がでるわけではないそうです。

ポリエチレン・ポリプロピレン・ポリ塩化ビニル・ポリスチレン
などがよくみる素材のプラスチックです。

ラップなどの素材にも使われているものが含まれています。

上記にあるポリ塩化ビニルなど
塩素原子が含まれているものの場合は
低温で燃やしたときに塩化水素・ダイオキシンなどが発生するそうです。

心配するなら、このダイオキシンではないでしょうか?

一時期ガンの原因物質と騒がれたけれど
それほど体に有害ではないらしいです。

ダイオキシンは高温で燃やすと、ほとんどでないようです。

長期的に吸わない限りは
気にしなくてもよさそうです。

うっかり吸ってしまったときは
気にしなくてもいいですが
体にとてもいい訳ではないので
すぐに窓をあけて、空気の入れかえをしましょう。

また、炭素と水素だけでできている
ポリエチレンなどでの場合は特に有害ではなさそう。

燃やしたときにでるのは
二酸化炭素や水、場合によってはススだとか。

ざっくりとまとめてしまうと
プラスチックが溶けたから
「有害物質が出る!」と言い切れないようですね。

スポンサーリンク

まとめ

溶けてしまったプラスチックを見たときには
まず慌てずに冷めるのを待ちましょう!

今回ご紹介させていただいた方法でもダメなら
最終手段の溶剤を使ったり
メーカーに問い合わせてみてくださいね!

そして、心配な匂いの害も
プラスチックの構成分子にもよります。

一概にガンの原因物質ではなさそうなので安全です!
とは言い切れません。

うっかり吸い込んでしまっても
そこまで気にする必要はありませんが
それ以上吸い込まないように
空気の入れ替えをするなど
気をつけましょう!

スポンサーリンク