ホタルが乱舞するのは雨上がり?雨が降る前?

スポンサーリンク

今ではほとんどみかけなくなったホタル。

夏の夜に、幻想的な光を放ちながら飛ぶホタルを
一度見てみたい!という方は多いと思います。

せっかく見るなら、よく飛ぶときにみたいですよね。

雨上がりなのか、降る前なのか…
どちらがいいのでしょうか?

また、雨が降っていても見られるのでしょうか?

スポンサーリンク

ホタルがたくさんみれるのは雨上がりなの?雨が降る前?

ホタルは雨上がりと降る前と
どちらがたくさん見られるのでしょうか?

結論から言ってしまうと
雨上がりでも降る前でもどちらでも見られます。

ホタルが一番飛ぶと言われているのが以下の条件です。

湿度が高く、蒸し暑い

ホタルは昆虫ですので、寒い夜は活動が鈍くなります。

時期的に気温が高ければ蒸し暑くなる時期ですので
夜の気温が高めの時が良さそうですね。

無風

無風とまでいかなくても
あまり強くない方が良いそうです。

強風の場合だと
飛んだとしても流されてしまうので
風の弱いときの方が盛んに飛びます。

5月から9月であること

ゲンジボタル…5月~7月

ヘイケボタル…6月~9月

ヒメボタル…5月~6月

日本全国各地で見られるものでも
有名な3つを例としてあげました。

このように種類によってマチマチのようです。

また、南に行くほど時期が早いと言われていますので
地域にもよるようです。

しっかりと見に行く場所の下調べをしましょう!

曇り

わずかに雨がパラついている程度なら
まだ大丈夫ですが
雨が強いと時は飛ぶ個体数が多くはないです。

逆に晴れているのは、ホタル達にとっても絶好の日!

ですが、光るのは求愛行動と言われているので
月が明るいときは飛翔数は少なくなります。

また、月明かりが強いと光が見にくいため、オススメできません。

夜であること

これはホタル鑑賞には当然の条件ですね!

ホタルが発光するのは『求愛行動』ですので
光っているのが目立たなければ意味がありません。

オスホタルが光ながら飛び
葉先にとまって光っている
メスホタルを探しているそうです。

ホタルは日没後の19時代から飛び交い始めるそうですが
3回飛び交う時間があると言われています。

それは20時前後
23時前後
午前2時頃
と言われています。

この中でももっとも活発な時間帯は19時~21時
と言われていて、21時を過ぎると徐々に数が減っていきます。

こちらも、地域によりけりなので
見に行く場所について詳しく調べた方がよさそうです。

確かに雨上がりでも、降る前でも揃いそうな条件ですね。

ですが、雨が降る前に行っても
降り始めてしまったらどうなのでしょうか?

ホタルの雨上がりの乱舞を期待してたら雨に…雨でもみれる?

雨が上がる事を期待していたら
上がることなく降り続けてしまった…。

そんな時にでも見られるのでしょうか?

先程にも記載いたしましたが、見ることは可能です。

ですが、ほとんど飛ばないし光ることも少ないでしょう。

私達も雨が降ると傘をさしたり軒先に駆け込みますよね?

それと同様に、ホタル達も雨が降ると
葉っぱの裏側や岩の隙間などに隠れて身を守るそうです。

降ったりやんだりの小雨程度であれば
求愛を頑張る元気なコは光って飛ぶかもしれませんが
乱舞とまではいかなさそうです。

ホタル鑑賞の際には、天気予報をしっかりと確認しましょう。

そして、雨が降るような場合は
素直に諦めた方がよさそうですね。

スポンサーリンク

まとめ

ホタルが飛ぶための条件などを
ご紹介させていただきました!

せっかくきれいなホタルを見に行くのなら
たくさん飛び交っている所をみたいですよね。

天気予報やホタル前線など
下調べをしっかりとしてから見に行きましょう!

スポンサーリンク