幼稚園への通園は傘とカッパのどちらがいい?サイズは?

スポンサーリンク

雨の日に子供を幼稚園に連れて行くのって大変ですよね。

こどもが雨に濡れてびしょびしょになってしまっては大変です。

風邪をひかせたくはありませんよね。

雨の日の幼稚園の通園グッズ

傘とカッパどっちを準備したらいいのか

そんな風に悩んでいるお母さんのために

今回は幼稚園への通園の際には傘とカッパどちらがいいのか?

という疑問や

また幼稚園児に適した傘のサイズ等について説明していきたいと思います!

スポンサーリンク

幼稚園へ歩いていくなら傘とカッパはどちらがいい?

幼稚園への通園、方法は人それぞれ様々ですよね。

歩きで来る子。

車で来る子。自転車に乗ってくる子。バスで通園してくる子。

歩きや、自転車の子は、カッパだと安心です。

幼稚園児は、傘に一緒に入っていても

うまく横についていてくれなかったり

一人で走っていってしまう子もいますよね。

また、まだ傘を自分でさせない子もいます。

そんな子には、カッパがオススメです。

パパやママと一緒の傘に入って

さらにカッパを着ていれば、濡れる心配もありません。

万が一、一人で走っていってしまっても

カッパを着ていれば濡れませんよね。

また、歩いて幼稚園に行くとき

例えば転んでしまった場合

傘をさしていると両手があいていないので

とても危ないですよね。

雨の日は滑りやすくなっているので

転んでしまう可能性も高くなります。

雨の日に階段で滑って転んでしまったという話を何度も聞いたことがあります。

カッパであれば、前も見やすいし、両手もあくし

自由が利くので、安全かなと思います。

幼稚園の子は、まだ小さいので

ポンチョタイプのカッパを着ている子が多いです。

着脱も簡単で、じっとしていない子供でも着せやすいです。

また、カッパは着る機会が少ない割に、結構値段も高いんです。

ポンチョタイプのカッパなら、少し大きめのサイズを買っておいても

長く着ることができますよ。

スポンサーリンク

車やバスの子はどうでしょうか?

車やバスで来る子は

外にいる時間が短いですので

あまり濡れる心配もないかもしれません。

そんな子は、傘だけでも大丈夫かもしれません。

傘とカッパ両方を上手に組み合わせて、濡れない工夫をするのがいいと思います。

幼稚園生の傘のサイズはどれぐらい?どうやって決めるの?

傘を使用する場合、どんな点に注意して傘を選べばいいのでしょうか?

幼稚園ぐらいの子だと、傘のサイズで迷うこともあるかと思います。

一般的には身長によって、傘のサイズを合わせるのがいいといわれています。

傘のサイズ   身長

35cm      80~85cm

38cm      80~90cm

40cm      89~95cm

45cm      90~105cm

47cm      95~110cm

50cm      105~120cm

53cm      115~130cm

だいたい、3~5歳だと

初めて傘をもつ子は40cmぐらいがいいのではないでしょうか?

小さすぎず、大きすぎないものを選ぶようにしましょう。

幼稚園の子が傘をさすと、視界が狭くなり

周りに注意ができなくなってしまいます。

事故防止のためにも目立つ色やデザインのものを選ぶのがいいでしょう。

また、傘をさすと前が見えなくなってしまうこともあるので

透明窓がついている傘がオススメですよ!

開き方にも、ワンタッチのものと手開きのものがあります。

ワンタッチは、自分でも簡単に開けますが

バッと開いてしまうので、危ない場合もあります。

安全面を重視するのであれば、手開きのものを選んでくださいね!

スポンサーリンク

まとめ

雨の日の通園は親は憂鬱です。

しかし、子供にとっては、水たまりができたり

雨にぬれたり、とっても楽しいひとつのイベントになるんですよね。

そんな雨の日を安全に過ごすための雨具。

傘のサイズひとつにしても

選ぶのっていろいろ大変なんですよね。

幼稚園の通園準備、通園方法により

雨の日は傘にしようか、カッパにしようか

いろいろ悩むこともあるかと思います。

パパママやお子さんにとって

楽で便利なほうを選択してみてくださいね。

両方用意して、時と場合によって使い分けるのも、併用するのもいいですよね。

お子さんに合ったサイズのものを選んで

楽しい雨の日に事故のないように気を付けて使用しましょう。

スポンサーリンク