一年生になって名札をつけたら服が穴だらけに!どうやって防ぐ?

スポンサーリンク

小学校では、服に名札をつけますよね。

幼稚園までは、パパやママがつけてあげていたけど

小学一年生になれば、自分で支度をするようになってくるでしょう。

そんな時気になるのが、名札をつける洋服の穴。

気づくと洋服が穴だらけに(*´Д`)

そんなことってありませんか?

今回は、名札で服が穴だらけになってしまうのを

防ぐ方法について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

一年生の名札で服に穴が開いてしまう!防ぐ方法がある?

小学生の子供がよく着ていく服の素材としては

Tシャツやトレーナーなどが多いのではないでしょうか。

トレーナーなど、少し厚い生地であれば

穴も開きにくいかと思いますが

Tシャツなどの薄い素材だと、穴がすぐ開いてしまいます。

小学校一年生になったばかりの子は

まだ名札を付けるのが苦手です。

自分で名札を付け外しするときに

自分がやりやすいように

生地を下に引っ張ってしまいがちです。

下に引っ張ってしまうと、服の糸の繊維がちぎれてしまい

生地がさけてしまいます。

また、自分に針が刺さるのが怖いので

体から名札をはなし、つけやすいように引っ張る。

という場合もありますね。

名札をつけるときというのは

慣れてない子供にとっては

知らず知らずのうちに力が入ってしまうものなのです。

それが原因で、生地が裂けてしまうんですね。

そんな洋服の生地が裂けてしまうのを防ぐためには

服の名札をつける部分の生地を補強してあげるといいんです。

補強するのに適しているものとしては、

・アイロンテープ

・フェルト

・マスキングテープ

・セロテープ

・絆創膏

などがあります。

これらを、名札の安全ピンよりも一回り大きいサイズに切り

服の裏にあてる、もしくは貼り付けます。

こうして、この上から安全ピンを通して名札をつければ

この部分の生地が補強されて、やぶれにくくなりますよ!

これなら、結構経済的にできますよね。

それでも、毎日毎日そんなことしていられない、という方には、

服に穴を開けないように作られたグッズもあります。

開かずピンちゃん

服に穴を開けない名札用クリップです。

使い方は、

①名札の安全ピンを本体の回転リングに取り付ける。

②内側ストッパーを服の内側から、名札を装着したい位置に当てる。

③本体の両端を押して開き口を開く。

④内側ストッパーの突起を服ごと開き口に押し込む。

これで、服に穴を開けずに名札をつけることができます。

デザインや色もたくさんありますよ。

しかし、学校で禁止されているところもあるようなので、

利用する際には学校のほうにきちんと確認するようにしてくださいね。

一年生の名札で穴が開いてしまう服について

小学生がよく学校に着ていく服、毎日着るものですから

洗濯や着回しのしやすいものになりますよね。

そうするとどうしてもTシャツや

トレーナーのような素材のものになります。

名札で穴が開きやすい生地です。

学校では名札をしますから、生地を補強したり

穴が開かないグッズを利用することも大切です。

他にも、名札で服の穴が開かない子供服も出てるんです。

ベルメゾンの「GITA」シリーズの服です。

名札つけポイントつきのGITAの服はこちら→GITA

名札つけポイント、という名札をつけるための場所が

あらかじめ服についており

そこにつけると名札の穴あきが解消されます。

デザインも豊富で、生地もしっかりしています。

一枚1,000円以下で買えるのも

気軽に洗い替えも買えて便利ですね!

こういった服も活用してみるのもいいんじゃないでしょうか!?

まとめ

一年生になると、名札の穴あきが気になる。

些細なことですが、毎日のことなので

とっても気になるところですよね。

子供も、大きくなればいつかは自然と

名札も自分で上手にできるようになる時がやってきます。

一年生ではまだ、練習の段階です。

子供の成長のために、多少の穴あきは覚悟して

子供自身で練習させることも大事かと思います。

穴の開かない工夫や、便利なグッズ

名札穴あき防止の服などを利用することで

毎日のストレスを解消していきましょうね!

こちらの記事もオススメ

必見!安全ピンの子供へのやさしい教え方

スポンサーリンク