シラミの原因と予防するには?実はブラッシングが効果的!

スポンサーリンク

シラミがかゆすぎる!

こどもから私にまで移りました( ;∀;)

毎晩ボーリボリ、ボーリボリです。

今年2回目のシラミが我が家にやってまいりました。

どうしてこんなに、すぐシラミがうつってくるんじゃー!

ということで、シラミの原因について調べてみました。

スポンサーリンク

アタマジラミの原因は何?

幼稚園や小学校で、こども同士でうつるという多いようですが

こども特有の行動が原因でうつるようです。

■こども同士で頭をくっつけて遊ぶことが多い

くっついて遊ぶため、頭から頭へシラミがぴょんぴょん移動( ;∀;)
だから、こども同士ってシラミがうつりやすいんですね。

こどもたちは遊び所をよく見ているとわかるのですが
ゲームをするときでも、やたらと数人で頭をくっつけて遊んでいます。

■こどもたちが川の字になって寝る

くっついて寝るために、兄弟の1人にシラミが発生すると
兄弟同士ですぐうつります。

■シャンプーをいやがる

シャンプーがうまくできず、あまり好きではない子も多いため
シラミを洗い流すことができず、髪の毛で増えてしまうようです。
また単純にシャンプーの回数が少ないこともあります。

■シャンプーが下手

大人のようにシャンプーで上手にすみずみまで洗う
地肌まで洗うということができないため
シラミを洗い流せるような、しっかりしたシャンプーができないようです。

■ブラッシングをしない

大人の女性になると、髪をブラッシングする機会が増えるため
シラミがでてもすぐ外にだされますが
こどもはまだ、髪をととのえる、おしゃれをするという機会が少ないので
ブラッシングの機会も少なくなります。

特に、髪の長い女の子にシラミが発生しやすいようです。

確かに我が家も、みんなブラッシングしないですね(親も面倒くさくて…)
ブラッシングをするだけでも、シラミってぱらぱらと落ちてくるんですよね。

シラミの原因としらみを予防するには?

シラミの原因がわかったところで

予防するとしたらどうしたらいいのでしょうか?

おすすめは、ブラッシングです!

シャンプーはみなさん当たりまえにしていますが

ブラッシングは子供はなかなかしないですよね。

定期的に髪をブラッシングすることで

もしシラミがうつったとしても

すぐに発見することができますよ。

え?我が家ですか?

ブラッシングをしないので

シラミがうつったことに気づかずに

家族全員にうつりましたが何か?(*´Д`)

■毎日しっかりシャンプーをする。

卵はおとせませんが、幼虫や成虫はシャンプーを

丁寧にすることでおとすことができます。

■髪のブラッシングが有効

こちらも卵は落とせませんが

幼虫や成虫はけっこうぽろぽろと落ちてきます。

■髪を短くきる

これもかなり有効です。シラミはなるべく隠れられそうな髪が長めのところに
卵をうみつけます。
髪が短ければ、シラミが卵をうむところも隠れるところもなくなります。

■寝具には掃除機をこまめにかける

こちらも、おちた成虫や幼虫を掃除機ですいとることで
家族同士でうつしあうことを防ぐことができます。

■髪を短くする

うちの子供たちの経験では、「髪が短い」これ最強です。

どのぐらいの短さかというと、やっぱり3センチぐらいに
しとくと、さすがのシラミさまも「無理~( ;∀;)」と

相手にされないようです。

うちの次男がそのぐらいなんですけど

シラミさまに相手にされてません。

ただ、女の子には無理なんですよね。
女の子にはブラッシングがいいのかなーと思います。

まとめ

気をつけていても、どうしても、もらってしまうシラミ。

だったら、すぐに気づくようにしておくのが大切ですよね。

男の子は髪を短くしたり

女の子はブラッシングで

もし移ったとしても、すぐに退治できるように工夫してみましょう!

こちらの記事もオススメ!

シラミノンノンの使い方や実際使ってみた感想!効果は?

 シラミを絶滅したい!コインランドリーの高温乾燥機は効果あり?

スポンサーリンク