鍾乳洞の服装と靴の注意点!スカートは大丈夫?

スポンサーリンク

鍾乳洞っていったことありますか?

鍾乳洞は、ちょっとした探検気分を味わえる観光スポットですよね。

鍾乳洞の中って、かなりひんやりしているんです。

外の気温と違うんです。

でもそれだけに「夏でも長袖がいいの?」

「冬でもコートはいらない?」

すべりやすいので「スカートだと危ない」と行く前はわからないことが

結構あります。

今回は、鍾乳洞に入る際には

服装や靴はどんなものを着ていけばいいのか

季節によっても違うのかということを紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

鍾乳洞の服装と靴の注意点 夏と冬で違う?

鍾乳洞というのは、石灰石で洞窟です。

洞窟ですので、太陽の光は届かないですよね。

鍾乳洞は、年中気温はほぼ一定に保たれているといってもいいでしょう。

立地にもよりますが、普通に私たちが普段いるところよりも断然涼しいです。

ですので、鍾乳洞は避暑地としても人気のスポットなんですね。

年中気温がほぼ同じなら、夏に行っても冬に行っても同じなのでは?

と思うかもしれません。

しかし、鍾乳洞は、夏は涼しく感じるし、冬は少し暖かく感じるんです。

それはなぜかというと、外との気温差があるからです。

夏は外が暑いので、洞窟になっている鍾乳洞に入れば

とっても涼しく感じます。

反対に冬は外が寒いので、鍾乳洞の中は暖かく感じるんですね。

鍾乳洞といっても、その場所その場所によって温度は様々です。

18度ぐらいあるところもあれば、0度近いものもあります。

冬は暖かいところ、夏は涼しいところにいくなど

季節によっていくところを変えてみるのもオススメですよ。

しかし、いくら気温が年中一定だといっても

涼しいということに変わりはありません

夏に、どれだけ外が暑いからといって

薄着で行ったら寒すぎる!なんてこともあるかもしれません。

特に女性は冷えに弱いですから。

また、冬は鍾乳洞は暖かく感じるんでしょ

なんて言ってコートを脱いでしまえばとっても寒いですよ。

夏はもともと薄着だと思いますので、涼しいことを考慮して

一枚羽織るものを持っていったほうがいいと思います。

また、冬は外が寒いです。鍾乳洞の中でも外と同じように

コートを着てはいるのがいいと思いますよ。

また、鍾乳洞の中はとても暗いです。

もちろん照明はきちんとありますが、自然のものですから

洞窟の中をガンガン明るくしてしまうわけにもいきません。

そして、鍾乳洞の中は湿度も高く、足元は濡れているので滑りやすくなっています。

また、大抵の鍾乳洞は洞窟の中を上り下りしたり、段差もあるところが多いと思います。

サンダルでも滑りにくいものを選びましょう。

高いヒールは絶対にやめておいた方がいいですよ(*´Д`)

鍾乳洞に行くときは、歩きやすい靴で行くことをオススメします!

また行先の鍾乳洞によっても、靴選びはかわってきます。

中にはひざ下まで、水につかる部分がある、なんて鍾乳洞もあるんですよー。

行く前に事前情報をしっかりつかんでから

服装を決めることをおすすめします。

ちなみに筆者は、秋芳洞にいきましたが

あそこは普通の靴で大丈夫でした!

ただ、登ったりおりたりはあるので、動きやすい服装がおすすめです。

鍾乳洞の服装はスカートでも大丈夫?

鍾乳洞は、デートにも人気のスポットです。

夏は涼しく、薄暗い洞窟の中で鍾乳石がライトアップされていたりしてムードもあるんです!

女性の方は、デートでオシャレをしてスカートをはいて来たりする方も多いと思います。

しかし、鍾乳洞の中は急な上り下りや段差などがたくさんあります。

スカートをまくりあげて鍾乳洞の中を探索なんてことになったら恥ずかしいですよね。

丸見えになってしまうのも困ります。

現に、スカートを履いて鍾乳洞に行ってしまったために

そのまま引き返すことになってしまったなんて方もいるようです。

鍾乳洞に行くときは、オシャレをするにしても

動きやすい格好を意識するようにしたほうがいいかもしれませんね。

スポンサーリンク

まとめ

鍾乳洞はとっても神秘的だし、避暑地にもなってオススメスポットです。

鍾乳洞に行ったことのない人は、どんなところなのか想像がつかないかもしれません。

とっても楽しい場所ですが、服装や靴には注意が必要な場所です。

自分が行く予定の鍾乳洞の基本情報を事前にチェックし

鍾乳洞の気温や洞窟の中の険しさなんかによって

その場に合った格好をして洞窟の中を探索していきたいですね。

鍾乳洞に行くときは、動きやすい格好、靴を意識していくのが

一番いいと思います。ぜひ参考にしてくださいね!

スポンサーリンク